2005年09月12日

「タッチ」

01.jpg

見てきました映画版「タッチ」
あだち充原作の作品です。
この作者の実写といえば、古い人は「みゆき」現代っ子なら「H2」
現代っ子の僕も「H2」は見ました。原作を全巻持ってるほど好きでした。
でも、ドラマは…
「タッチ」も実家に親父が本持ってるので、
小さい頃から読んでいて好きな作品。
長澤まさみも好きなので、観るしかないと、そりゃ、もうワクワクですよ。でも、内容は…
ここからネタバレ続きを読む
posted by kakasi at 17:44 | Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

サマータイムマシン・ブルース

poster.jpg

あまりにもバカバカしくて、
躍動感というより滑稽にハシャギ回るのだけど、
テンポが良く、あっという間に通り過ぎた、コメディSFという感じ。
だけど、これがなかなかにおもしろい。

何にも変えないために昨日に飛んだ、
主人公(瑛太)の苦悩が見てておもしろい。
言うこときかない仲間には、
たまに見てるこっちがキレそうになるくらい。
ああ、こいつ苦労してんな〜


あと、謎解きのような、パズルのピースを埋めるような感覚を覚える。
「あ、なるほど」「ここは、こういうことだったんだ〜」
と心の中で何度も思った。
もう一度見直してみると、違った楽しみ方ができそう。
ヒロインならもう少し上野樹里を目立たせてあげたいけど、
時間的に無理だったのかな?
むしろ、もう一人の女性キャラの真木よう子の方が、目立ってるよ。


タイムマシーンで昨日に行くとか、
普通誰も考えないだろうことなので新鮮な気分だった。
たった一つのリモコンでここまでいくとは……
まあ、彼らにとっては死活問題。あっついからね、今年の夏は。
カッパやVS(ヴィダルサスーン)、ペンギンなど、
くだらないこともいっぱいですが、こういうの好き。
クドカンとか三谷幸喜さん好きな人とかに向いてそう。
VSは、すぐわかったけどね。
決められた枠に滑り込む…みたいな

と言う、助教授のホセ役の佐々木蔵之助さんのセリフは、
主人公のこれからのテーマでしょうね。
田村という枠に滑り込む…みたいな?


そしてこの映画全体のテーマかもしれない。
最初から全部決まっていることだけど、そこに滑り込んでいく。
結果は、決まっているのだけだど……


きっと未来のホセがタイムマシーンを作るのだと信じてますよ。
あきらめて欲しくないよね。くすぶっていた夢が、再燃したようです。
時間はそんなに軽いものじゃない。改めてかみ締めたよう。
でも、どうせ誰かが作るなら自分がなってやると言った、
ホセは少しかっこよかった。
結局ギャグみたいに締められたけど……
やっぱり、こういう大人はかっこいい。

posted by kakasi at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(9) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

モディリアーニ 真実の愛

bigmodli.jpg

最初は、あっちゃー失敗かなと思ったけど、どんどん引きこまれていった。
じわりじわりと涙で滲んできます。


ライバル役で出るピカソは。わけわかんないです。
いい奴かと思うと、すげーいやな奴だったりと。
わけわかんないやつといえば、あの子供。
たぶんモディリアーニの子どもの頃の姿だろうけど。
良心的役割でしょうか。


ついでに言うとサブタイトルの真実の愛は、どうかと思う。
もうちょいマシなのなかったんかな?
まあ、愛の話、ラブストーリーだけど……
モンパルナスの灯の方が、まだ見たいという気持ちになりそう。


でもね、やっぱり愛の話。真実の話なんだよな〜
瞳を書き加えられたジャンヌは、美しかったです。
コンペでダントツに良いかは、わからないけど……
すいません、芸術に疎いのです。
それでもおもしろかった。芸術に疎い僕でも楽しめました。

posted by kakasi at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

妖怪大戦争


bigyoukai.jpg


もうけっこう公開されて経ったので、ネタバレの方向で。

最近『水木しげるの妖怪談義』を読んだのと
テレビの水木しげるの特集のせいで、
予備知識なしで見に行きました。
まあ、ほとんどの映画予備知識なしで見に行くけど。
キャストも知らずに見に行ってまいりました。


妖怪大戦争だー!
と、思わず叫びたいのもわかる、豪快なつくり。
妖怪いっぱい出てくる! 水木先生も強力にバックアップ。
みなさんコスプレ特殊メイクで、誰がなんだかわからないほど、
妖怪に大変身。見終わった後で知ったけど、有名な人がいっぱい出てる!
まあ、竹中直人や蛍原なんかは、すぐわかるけど。
小豆洗いが岡村って気付かなかった……
川姫は、いいね。太もも……


内容は、特別目新しいものは無いけど人間が地球を汚すというのを許せない、
ということは伝わった。妖怪談義でも言ってたしね。
子どもたちに伝えるべきことは明確なので良いと思う。
確かに子ども向きな映画だったせいか、子どもの頃よく見てた
ジャ0プの友情・努力・勝利な映画を思い出した。
よく少年の頃に妄想してた物語のようだ。でも嫌いじゃない。


映画見終わって、小説版を立ち読みし確認してきたけど
「戦争はいけません。腹が減るだけです」
という大翁(水木先生)のセリフは、自分自身が戦争経験者なので
より胸にきた。祭りも腹が減りますけどな!
妖怪たちは、戦争してる気なんてさらさらないようですがね。


大人になったら妖怪は、見えなくなる。
宮迫演じる佐田もそうだったけど、これは普遍なテーマなんだろうな。
確実な裏付けはないけど、僕もそう思う。
まあ、そう言ったら。妖怪もいるっていう確実な裏付けは無いんだけど。
僕は見たことないけど、信じてはいたい。
そうはいっても、とうとう20歳を迎えました。
タダシの成長後のシーンを見ると、もう無いな…と思い、ちょい悲しい。


結局は、人間エゴが一番タチが悪いってことですね。
真っ白な嘘をつける人間になったタダシは、どうなっていくんでしょうか?
やはり、そういう一般的な大人になっていくのか?
そういう大人が出てくるけど、
タダシのような子供が出てくるように思いたい。
ラストにまたアノ人がでてくるけど、
今度はその子が冒険をする番なのかもしれない。


で、冒頭の「恋をした」って誰に?
まあ、粗を探せばいっぱいある映画だけど、
おもしろかった。笑えるとこもあったしね。






posted by kakasi at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

電車男

久しぶりの映画観賞です。
ずっと自分の中にあった、おかしな信念のようなもの。
タイタニックから芽生えた、
キャーキャー言われるようなミーハー恋愛映画は見ないという、誓いを、
とうとう壊して見てしまいました(電車男がそういうものかは、わからん)


いやー自分は左目から涙流すのだね〜
と、左目オンリーで涙が流れました。

みん
ながいるからがんばれる!
誰かががんばるから、みんなもがんばれる!


応援したくなるってこういうことなんだよね。
ガンバレ電車男!そしてガンバレ自分!


わかるんだよな〜自信が無い時、おどおどする感じが。でも、
ドデカイ ウソをつきとおすなら それは本当になる

by THE BLUE HEARTS

ガンバレ!ウソを本当にするくらいに。
もっと自分を好きになるために、もっと幸せになるために!
僕も変わらなきゃ!もっとがんばらなきゃ、
もっと自分を、そして誰かを好きにならなきゃ。


そして、ゴメンなさい。
主役の電車男とエルメスの2人も気になったけど、
木村多江さんと佐々木さんの夫婦の方が気になってました…
木村多江さんは、ああいう主婦をやらせたら、
ピカイチだと思ってますし、かなり好きなんで。
あと白石美帆もちょい役で出てたね。


ドラマも見たくなってキター
posted by kakasi at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

「スターウォーズEP3 シスの復讐」

間違いなくラストの対決は、観客の心に残る名場面で、
映画史に残る場面だった。
でも、僕が見たかったのは、もっと希望に満ちたものだったんだ。
わかってはいたが、命が散る場面は、はかなく辛い。
ミスチルの歌の「HERO」でもあるが
違う 僕らが見ていたいのは 希望に満ちた光だ

後の世代でそれは見られるが、やはり辛い。
ルークやレイラといったアナキンの子供の世代(ハン・ソロもいるよ)
それに繋がる話なんだと実感。


ここからネタバレ
posted by kakasi at 21:12 | Comment(4) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

ザ・リング2

今思うと貞子は、怖かった。
せっかく映画館で見たのに、怖さが、中途半端!
ホラー、テイストの親子愛のドラマって感じだった。
ホントに、見に来たことを後悔させるくらいの、
怖〜い映画を期待したのが悪かった。

もう、ここで来るな〜って怖い場面が、わかる。
それは、「リング」という映画に慣れて
目が肥えただけなのかもしれないが…
ちょうど、つい最近テレビで「ザ・リング」見たばかりだったし。

何か変化は、欲しいかな〜、「ザ・リング3」も製作決まったようだし、
製作費は、削減らしいけど、むしろ派手に金を使わない方が怖いかも。
というか、日本版の方が絶対怖いって!
ドラマの「リング」や「らせん」だって、
もっと怖かったし、おもしろかった。

全体的な感想としては、
効果音が、もっとあったほうが良かったかな?
子役が良かったな〜 デヴィッド・ドーフマンが。
サイモン・ベイカーのいる意味がわからん。
シカが怖かった。
あと、サマラが可哀相。
posted by kakasi at 19:55 | Comment(5) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

バットマン ビギンズ

1024_g.jpg

かっこいいぜ!バットマン!
ダークなバットマンは、かっこいい。
子供の頃、バットマンをけっこう怖いと感じてたことを思い出した。
アクションも痛快で、おもしろかった。
ただ、ちょっと見にくかったけど。
やっぱり画面が暗いからね、バットマンの活躍するのは夜の街ですし。


主人公ブルース・ウェインが、バットマンになる話を描いた今回の映画。
バットマン誕生秘話。
やっぱり長編シリーズとなると、あるよね、こういう誕生譚。
謎のままでも良かったかもしれないが、明かされるなら、やっぱり知りたい。
ファンの心をくすぐるわ、こういうの。
ヒーローの過去、苦悩、恐怖、正義も、誰もが憧れるような道具の誕生秘話も、
バットマンのシンボルであるコウモリの意味も。


不満があるとすれば、悪役がインパクトに欠けたことかな。
歴代の悪役は、みんなインパクトすごい強い奴らだったし。
ジョーカーとか、実は子供の頃見たとき、トラウマみたいになったくらい強烈だった。
映画の最後、ジョーカーのこと語られた時は、けっこううれしかったしな。
渡辺謙は、インパクトあるけど、ちょい役ぽかったし、あっさり対決も終わったから、
いまいち。奇抜な悪役求めてたのに… バットマンの個性に負けないくらいの。
ラストサムライの、役と同じような感じのキャラでしたね。
個人的には、池袋ウエストゲートパークの横山さんみたいなキャラが好き。
冷酷そうだけど、人情もあり、ちょいコミカルでも、やっぱり真面目な、あのキャラが。


実は、最初バットマンじゃなくて忍者映画かと思ったよ。
バットマンの、あの動きは、忍者がルーツだったのか!?
あと、やっぱりまだ時期が時期だけに、列車のシーンは、
どうしても、JRの脱線事故を思い起こしてしまう。
街を救ったけど、破壊しすぎだよね。執事も、怒ってたし。
これはヒーローものには、つき物な事だけど、やっぱりどうかと……


全体的に見ても映画として、おもしろかった。
この頃、あまりアクションもの見てなかったから、特にそう感じた。
大画面で見るなら、こういう派手なのも見なくちゃ。
前作を久しぶりに見たい。
posted by kakasi at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

「フォーガットン」

宣伝見て、おもしろそうなサスペンスだな〜と思い、
メンズデーの月曜の今日、1000円で見てきました。
大学が3現で終わりなので、
バイトが入ってなければ、大体映画を見てます。
4時くらいからの映画だと、いつも空いてるので
今日もガラガラだと思いきや、
宣伝効果か、僕も座っていた後ろ側の席は、満員でした。
前はガラガラだったけど。


内容書くと、ナタバレ確実なので書きません。
え、こんな風に持ってちゃうの?って感じです。
もっと理詰めしてくれたら、よかったんだけど、
結局なんだよ!って気分です。
でも、人が吹っ飛ぶシーンは、圧巻です。
ここまで、いくと逆に気持ちいです。
終わった後は、で、他の奴らはどうなの?って感じです。消化不良。
あ、テーマは親子の絆です。


ただでさえ、映画の出来が微妙なのに、
後ろに座っていた高校生のせいで、かなり不快でした。
せめて、映画が始まってからは、喋るのやめろよ!
明らかに映画より、話すのが楽しいようで、うるさい。
主人公が取り乱す、けっこうシリアスシーンなのに、
うわ、キモっとか笑ってるし、ハゲとか、
やっぱ***だ〜とかめちゃうるさい。
挙句の果てに、映画と関係ない、友達とかの話しをしだすし。
いまどきの高校生は、マナーくらい守れんのか?
(自分も1年半前まで高校生)
そのくせ、親子づれの赤ちゃんが泣くと、赤ちゃんに対して文句言うし、
何だよ?こいつら。あ、男の連中でした。
キャーキャー言う女の連中じゃないです。
こういう人たちこそ、バビューンと吹っ飛ばしてよ***さん。

posted by kakasi at 20:58 | Comment(2) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

ミリオンダラー・ベイビー

01800.jpg

クリント・イーストウッドによる、親愛のヒューマンドラマであり、
白熱のボクサーストーリー。
脇役にモーガン・フリーマンがいるのもうれしい。
実は僕、モーガン・フリーマン大好きなんですよ。

2人の初老の老人に囲まれながら、主人公のマギーはひたすら進む。
ボクサーへの道を。その姿は、まさに女版ロッキー。
演じるは、ヒラリー・スワンク。
マギーは迷うことなく、自分の好きなように突き進むが、
特にイーストウッド演じるフランキーは逆に悩む。
ジムのオーナーは苦労が耐えないですね。
ラストのほうは、重たい話へとシフトチェンジしますが、
是非、目を背けず見てやってください。
スカッとしたシーンはモーガン・フリーマン演じるスクラップの
KOシーンでした。渋いです。
デンジャーも、アレは響いたでしょう。
彼も、栄光つかめるのかな?

イーストウッドは、栄光のサクセスストーリーじゃ味気ないというか、
そんな作品撮りたくなかったんだろう。
ここぞというところで、試練を与える。
それでもマギーは、満足して戦いを終えることが出来た。
もちろん後悔は、あるはず。
それでも彼女は言った。幸せだった、満足だと。
そして彼らに、本物の親子と同じくらい固い絆が生まれていた。
モ・クシュラ


蛇足だけど、やっぱりスターウォーズがみたい!
予告だけでも、シビレる。ダースベイダー誕生だよ!
スクリーンの予告のラストに出てきたときは、なんか胸に来た。
見たい…
posted by kakasi at 00:52 | Comment(1) | TrackBack(26) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

炎のメモリアル

家族を愛し、仕事を愛し、全力で生きたあなたが、誇りだった


消防士をかっこよく、勇敢に映せた映画だと思う。
ベタと言えば、ベタだけど、うまく作ってあり秀作だと思う。
消防士として、男として、父親としての悩み、葛藤、
それでも人を救うことを止めなかった、男達に敬意を払いたい。
この映画は911テロでの消防士達への追悼の作品なのです。
その辺は、見た後でもいいから知っておいて欲しい。

主演は、ホアキン・フェニックス。不死鳥の名を持つ男。
この映画での彼は、不死鳥だった。
なんどもピンチに遭うし、消防士としての不幸を目の辺りにするが、
それでも、人を救うために現場へと行った。
昨日のブログで書いたが、「スタンド・バイ・ミー」で有名になった、
リバー・フェニックスの弟だ。このまま飛び続けてくれよ。 
ジョン・トラボルタも最後は、おいしい役と言ったら、失礼だけど、
ああいうのは、涙腺にくる。

実家のすぐ近くにも消防署の寄り場見たいのがあって、
夜とかに、そこからサイレン鳴らして、消防車が走っていく音を、
何度も聴いていたけど、うるさいな〜とか思ったこともあったけど、
やっぱり今思うと、不謹慎だったと思う。
友達の親父さんが、消防団に入っていたけど、やっぱり大変だったんだろう。
今は、もう止めたみたいで、お店開いているけど、
田舎なので、大きなビルは無く、映画みたいな大きな家事は無いけど、
炎を相手にする仕事なので、危険なことには変わりないし、
体のこととか、家族のこととか考えたのだろうなぁ。

ここからネタバレ


続きを読む
posted by kakasi at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

どんなに困難でも、必ず抜け道はある


以前テレビの映画紹介する番組で絶賛されてたんだけど、正直微妙。
吹き替えで見てしまったせいか?
ジム・キャリーに山ちゃんこと山寺宏一を起用。
コミカルに吹き替えてくれましたが「おーはー」は言いませんよ。
「エターナル・サン・シャイン」も前見たんだけど、そっちの方がまし。
ただ、子役は、これから伸びそう。長女とか、かわいいね。
ホームアローンみたいに、子供が知恵を使って、大活躍みたいな映画かと思いきや、
たいして、活躍してない。
ジム・キャリーのオラム伯爵ばかり目立つ。
まあ、主役だからしょうがないけどね。もっと子供に活躍させてもよかった。
色々と消化不良といった感じ。
オラフはただ最後にいい事言った。
子供達の助けを気がつかなかった、お前達も同罪だと。
そうだよ、気付けよ!
うん、メンズデーの1000円でよかった。
posted by kakasi at 18:56 | Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

コンスタンティン

日本でも「マトリックス」でお馴染み、
キアヌ・リーブス主演の悪魔退治のお話。
いわゆるエクソシストですな。
これはここのブログ始める前に見たんで、今載せときます。

世界観がしっかりしてて、
興味をかきたてる言葉やアイテムがあってけっこう注目してました。
キアヌ・リーブスもいいですが、僕は、
バットマンで言うロビンこと「チャズ」が好きです。
俳優はシア・ラブーフです。初めて知る俳優さん。ちょっと注目。

とりあえず映画見に行く人は、最後まで見てと。
エンドロール終わっても少し続くから。
エンドロールで帰っちゃて、最後まで見なかった人いたしね。
続編とか過去編とか出るかもね、この映画。
posted by kakasi at 12:09 | Comment(2) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

Shall we Dance?(米)

見てきましたShall we Dance?
いや〜よかったですよ!

でも日本版見たこと無いんですよ。
だから今日借りてきました。後で見ときます。
映画見終わった後、自分も何か始めたい気分になりました。
ダンスしてる姿がみんな楽しそうで、たまらない。
何か自分もやろうって気分です。

リチャード・ギアはかっこいいおじさんですね。
ジェニファー・ロペスは綺麗。
そういえば一時期、僕の携帯の接待画面ジェニファーでした。
また画像入れようかな?
ウンナンの社交ダンスがなんかまた見たい気分。特に杉本彩の。
ここからネタバレ続きを読む
posted by kakasi at 22:11 | Comment(2) | TrackBack(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。