2006年02月10日

ドラマ「白夜行5話」

うん、おもしろくなってきた。

でも、徹底的に雪穂が悪女化してきたとおもったら
ラストでゴメンねとか言ってるの見て、やや気持ちダウン。
初回さえなければ、子ども時代さえなければ
雪穂のこと嫌いになれるのに、
純愛ドラマとして見なくてすむのに!
それでも、雪穂は怖い。綾瀬はるか怖い。
ついでに武田鉄也もどんどん不気味に。

それと主役の亮司は、毎回追い込まれてる。
鋼の心を持っていると、小説では思ってたけど、
ドラマでは、どんどん心が強くというか、マヒしてくるのかと思ってたけど
この分じゃ、毎回ボッロボロになっていきそうな予感。
posted by kakasi at 13:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

マーヴィン・ゲイ映画に

マーヴィン・ゲイの伝記的映画が製作決定

マーヴィン・ゲイですよ。マーヴイン・ゲイ。
もちろんバックミュージックには、
マーヴイン・ゲイの楽曲が使われるのでしょうか?
うわっ楽しみだ!うわ〜楽しみだ!
ウルフルズのトータス松本さんなんか、僕より楽しみにしてるかも。
カバーで歌も歌っているし。
ともかく観たい!公開は、来年くらいかな?

posted by kakasi at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

ドラマ「白夜行4話」

一月は、なかなかのペースで更新できたと思ったら
二月は、さい先の悪い更新速度。
とまあ、白夜行の4話。しっかり見ときましたよ。

このドラマになると、何度も書いてしまうが
原作では、2人は第三者視点からしか語られなかったので
どこか不気味な、なんとも形容しがたい雰囲気だったが、
映像となると、それらがすべて霧散する。
もはや割り切っていたけど、
二人の悪事が進むにつれて、邪な部分が
雰囲気でなく、現実として出てきてしまうので後味がよろしくない。
それでも、やっぱり見ちゃうし、おもしろい。

今回は、亮司は辛いというか、悪夢ですね。
雪穂が、亮司以外の人物を好きになってしまうなんて。
しかも理屈じゃないと言われたら、最悪。
恋愛は、理屈じゃないだろうけど、亮司としたら
理屈で合ってくれた方が、確実にマシ。
ず〜っと雪穂が好きで、しかも全てを彼女のために捨ててしまった。
この、クソ女!とビンタ喰らわせても、おかしくない状態。
でも、前回雪穂は、引き返すチャンスを与えていたわけで
ある意味、自業自得とはいえ、ありえない仕打ち。
壊したいと思っても、ストーカーになってもしゃあないよ。

それでも、全体から見れば序の口。
血に染まるサンタクロースまで続く道のりは、
同じように、真っ赤に染まったりょうの手で切り開かれる。
これから亮司は、何を思い、何のために、どうやって耐え忍んできたか。
雪穂は、これからも太陽の下で亮司と手を繋ぎたいと思うのか。
やっぱ必見ドラマです。
posted by kakasi at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

ドラマ「白夜行3話」

ここに来て、ややトーンダウンした気もしないではない3話目。

ヘタレな亮司が、強くなっていく過程を描いた。
雪穂は、前回までとは打って変わって、原作のような悪女〜
と思いきや、また弱さが出てきたり。
個人的にあのステンドグラス割るシーンは、いただけません。
過剰すぎる演出かと。

とまあ、亮司は戸籍も捨ててしまったと。
原作あったかな?そんなの。
太陽は出てないけど、二人で手を繋いで歩いてるし!
笹垣さんは、もう3話にして確信まで迫ってきてる。
ここからあと数年、この調子で逃げ切れるの〜

そして来週は、雪穂大学編。
亮司が痛すぎる展開になるんだろうな……
予告で、すでにきつい……
posted by kakasi at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

ドラマ「白夜行2話」

そりゃ、原作とは違うわけだけど
ドラマの白夜行が、ものすんごいおもしろくて好きなので
これから、終了まで感想を徒然と書きつつろうと。

今回は、原作で鉄の心を持っているような
亮司や雪穂の弱さが、見えたな〜と感じた。
もう、その時点で原作とは、違うんだけど
こういう白夜行の見方もありだと思ってます。

それと、今回晴れて秋吉君も登場なわけだけど、
個人的に、その秋吉と言われて思い浮かべるのは
名前を変えた彼のことで……

とにかく今回も、かなり良い出来でした。
亮司の追いつめられぶりと、再会のシーン。
そして図書館……
太陽の下で手を繋いで歩きたかった…

これが、ドラマの大きなテーマの一つなんだと思った。

あと、武田鉄也の刑事役が不気味に動き回ってますね。
亮司側の視点から見ると。
もう、金八先生じゃない…

来週は、渡部篤郎演じる松浦再びってとこですか。
今週も、ちょいは出ていたけど。
来週が、待ち遠しい。
posted by kakasi at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

これぞドラマのクオリティ「白夜行」

白夜行のドラマは、小説と同じだけど、まったく違う。
小説から受けたイメージと、ドラマから受けたイメージが。

小説では、泣けるイメージなどなく
ただ、歩き続けていた二人を見守るしかなかった。
でも、ドラマでは二人の心境が語られる。
その苦悩など知る由もなく、ただ自分でイメージするのみ。

いつのまにか 俺達の上に 太陽はなかった

行って

そんなやり取りがあったことなど、知ることもなかった。

正直この2時間のドラマで、終わらせても良かったんじゃないかとも思った。
これから待ちうける道に、二人の道に太陽など昇らないから。



とりあえず感想を箇条書きに
・子役(特に雪穂役)の演技が、すごすぎる。綾瀬はるかが、霞むほどに。
・司書さんが、どう絡むか。願わくば、二人を照らして欲しい。
・か…関西弁が……
・スカレート・オハラに憧れて〜
posted by kakasi at 16:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

子ども時々大人の成人式

大人の階段への一歩のはずの成人式だけど、
気持ちは、中学時代へ逆戻り。
懐かしい顔が、多すぎるんだよ。
女の子は、変わりすぎて、ほぼ、わかんないんだけど。

というか、今思うと、仲良しこよしな中学時代だ。
会う顔、会う顔、知り合いだ〜みたいな。男は。
40人×8クラスもあるのに。

100人以上と顔合わすたびに、タイムスリップしたみたいな。
でも、みんな大人な顔に変わってきてるわ。
だけど、会うごとの反応が中学の頃と変わらね〜みたいな。
というか、みんなとのやり取りのたびに、俺ってそんな人だった?と悶々。
それにスーツにネクタイで会話ばかりしてると、なんか疲れる。気持ち悪い。
なぜ気持ち悪い?と思ったら、
みんな気合入れすぎて、ヘアワックスやらスプレーの臭いが、きつい。
というか、自分もだけど。

だけど、みんなの変化を見ると自分があまり変わっていないような気もしてくる。
実際、お前は変わらんな〜と言われたし。
というか、変わりすぎなんだよ見た目。中身かわってねえのに。

でも、式の時は、自分も成人か・・・と少し実感。
んで、同窓会で、またばかな中坊の頃に逆戻り。
でも、担任が、みんなまだ、先生と呼んでくれるけど、
酒を一緒に飲めれば、先生も生徒もないと。
でも、やっぱり先生は先生で、友達は友達なまま。
大人になって、子どもに戻って、大変な成人式の1月8日でした。


あっ、うちは暴れる人出ませんでしたよ。
笑えるカッコのやつは、いっぱい、いましたけど。

posted by kakasi at 22:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

男は刀に憧れる

バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (20)原作吉川英治『宮本武蔵』より (20)

いつだって男は、強いものに憧れる。
力の象徴は、なんといっても刀。
実物なんて触ったこともないし、実際斬るところも見たことがない。
でも、刀は憧れで、それを振るう人物は英雄でもある。

そしてそんな最強の英雄と考えると、日本人なら出てくるのが宮本武蔵。
バガボンドが出る前から、誰もが知っている豪傑。
バガボンドが出てからは、さらに有名になっただろう。
今でも、宮本武蔵が最強であると思っているが、
気になるのは、佐々木小次郎。
漫画では、耳が聞こえず、会話もままならない剣士。
たぶんこの漫画がなかったら、キザなイメージと
武蔵のライバルという意識しかなかった。
小次郎俺たちは―――
抱き締めるかわりに 斬るんだな

刀に狂い、刀に生きる。
昔の剣士たちには、こういう生き方もあったんだろう。
刀なんて、弓や鉄砲の前に、儚く散るものだけど、
憧れるのは、やはり刀で、その使い手。
昔の時代を、刀の時代を羨ましく思うけど、
平和な世の中が、やはり心地いい。
それでも、憧れるものなんだな。
posted by kakasi at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

思いと言葉

どうしても、勢いで失礼なことを言ってしまうことがある。
文字にして表すなら、見直すことができるが
言葉では、戻すことができない。
フォローにも限度がある。
この頃、毒を吐くことが増えてきた。
別に悪酔いしてるわけでもなくシラフで。

まあ、つまりあれです。
すいません。
posted by kakasi at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

誰だね?

アクセス解禁してみると、昨日のこのブログを見た人は
いつもとあんまり変わらないんだけど、
ページビューの数が、いつもの4倍くらいに。

こんなポンコツブログのページビューが、一日1000近くですか!

誰だか知らないけど、もの好きな人もいるもんだ。
というか、誰かに僕がこのブログ書いてることばれた?
それとも、単なる正月の暇つぶし?

まあ、いいけどね。
いったい何なのかね〜
posted by kakasi at 01:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

店じまい

いや、ブログしめるわけでは、ないですよ。
正月は、お店しめるの早いな〜というお話でして。

うちのバイト先もそうですが、どこも早い!
夜7時には、周囲のドラッグストアが開いてない!

今日実家帰ったわけなんですが、シャンプーやヘアワックスが欲しくて・・・
高速、ガソリン代が、けっこう行ったのでコンビニで買いたくなかったんですよ。
新年早々、悲しい貧乏人。いや、貧乏性。
ちりも積もれば、ということで節約してますんで。

いつから平常営業に戻るんでしょうか?
まあ、気づいたころには、あっけなくもどってるのでしょうがね。

ちなみに、実家にいるときは、ここのブログは、
単なる日記と化しますので、あしからず。
posted by kakasi at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

新年の抱負

さあ、皆様2006年がやってまいりましたよ!!
僕ときたら、朝からコタツに横になりテレビ、テレビ、
食っちゃ寝、食っちゃ寝。
体重55`前後を行ったり来たりですが、マジで60`行きそう……
体重より身長が欲しいんですがね。
170まで行きたいけど、もう無理か…… あと数センチ……

そんな非現実的な目標ではなく、現実的な今年の目標


   1、映画、本、あわせて200は見る!
昨年は、両方とも、60〜70。
あわせて150くらいなので、目標は200。
 

   2、宅建リベンジ!
めちゃくちゃ勉強したのに落ちたから……
テキストは一通り読んだので、問題集メインでがんばろう!


   3、英語、中国語を日常会話くらいできるように
正直英語は、きつい……
中国語は2年やってきたので、今年も講義とっていこう。
目標は北京オリンピック見に行って、中国語で現地会話!


   4、タバコをやめる
お金問題、健康問題。
肺ガンには、なりたくないし。
だったら、すぐ止めればいい話なのに……これが依存症か……
まだ、一日一箱ペースも行ってないので、まだそこまで酷くはないけど……


posted by kakasi at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A HAPPY NEW YEAR

新年 あけまして おめでとうございます。

いや〜2006年になりましたな。
2005は、あっという間で、光陰矢の如し。

とりあえず正月くらい、コタツにミカンとテレビで
だらだら過ごしたいものです。
でも、すぐに期末試験が待ってるので
だらだらと日本の文化を楽しみながら、
次長課長の河本クラスのインチキ中国語や
明らかに授業についていけないTOEIC対策の英語を勉強しないと。

あっ、今何年ぶりかにガチャピンとムックみたよ。
こっ怖い……

とにかく、今年もよろしくお願いいたします。
posted by kakasi at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

2005年ありがとう!!

このブログもなんとか、2006年を迎えるまで続けられそうです。
見てくれていたそこの貴方!
貴方方のおかげです。どうもありがとうです。

ということで2005年映画ランキングやります!!!
DVDは、除いて映画館で観たものonlyで。
あと、おもしろかった本ランキングも、やれたら。

今年は、かなり充実の一年でした。
ブログも始めたし、新しいバイトもいい人ばかりだし、
大学も楽しくなってきたし、雪も見れたし。

あとは彼女だけだな!!(ここ最重要)
片道通行の相手とイベントは色々、おきたけど、まだまだ。
本当に一方通行なようで望み薄し。

他にも後悔した出来事は、数限りないけど、
それ以上に良かったことも多し。
でも、やっぱり後悔が多かったのかな?
今年は、色々失敗したけど、来年こそは!!!

来年は就職活動やらなんやらで、おかしくなりそうだけど
良い年になるように。ってまだ早いか。



posted by kakasi at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

昔、のび太君だった君たちへ

CMで使われたフレーズらしいけど、
すごく印象深い言葉。

画箱のお笑い動画板に、完全板違い、空気を読んでない人がドラえもんの漫画を載せていたが、
これが、非常におもしろかった。

僕が生まれた頃から、ドラえもんはテレビの中の友達だった。
毎週、ドラえもんを見るのが
楽しみでたまらなかったことを良く覚えている。
でも、いつしか僕はドラえもんを必要としなくなり、
テレビの中の彼を覗くことをしなくなった。
その代わり、僕より幼い子供達が、ドラえもんを愛していた。

昔のびた君だった僕の友達のドラえもんは、
次の世代の子どもの友達になっていた。
そして、いつしかドラえもんは、変わってしまった。
正直あの声のドラえもんは、
いまだに慣れないし(というかアニメほとんど見てない)
ドラえもんと言ったら、大山さんのあの声を思い浮かべる。

今度やる映画が、「のびたの恐竜2006」
今の声優さん達でリメイクだそうで。
完全にドラえもんは、次の子どもたちへと渡った気がして、
淋しいような気もするが、
こうやって受け継がれていくんだな〜と受け止めることにした。
もう、僕にとってドラえもんは、
懐かしいな〜と思い起こすものになってしまっている。
でも、またのびた君の頃に戻って、
ドラえもんを楽しみたいとも思ったりなんかして。
とっても 大好き ドラえもん
とりあえず、映画は見たいな〜〜




posted by kakasi at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

変わっていくこと、変わらないもの

成人式の通知が実家に届いたらしい。
ついでに中学の同窓会も。

大学入学で、地元を出て早2年。
地元の友達の一部は、長期休暇で会ったり、
メールや電話をしたりしてるけど、やぱり大部分の人とは合わない。
僕の中では、中学に頃の顔のままの記憶で止まっている。

タバコを吸うようになった、20歳。
最近、小、中の頃大好きだった漫画を読み返したりしてます。
当時も好きだったけど、今読むと当時と同じ興奮と、
少し変化した、漫画のおもしろさが見えてきます。

ただ、当時はおもしろかったり、感動するとかしていただけだけど、
もうちょっと深い所が見えてくる。
特に少年漫画では、子ども心が無ければ、読者の共感は掴めないと思うけど、
その作者の大人の部分が、今よく見えてきます。
自分自身は、昔とそんなに変わっちゃいないと思うのに、
やっぱり、少しづつ感性も変化しているんだと実感。

年月が経つたびに、社会の汚いところや、
不条理なことばかりが見えてくると思っていたのに、
もっと、深くて、広い、海のように壮大でいて、
青空のように澄み切ったものも、見えてくるんだなと思いました。
まだ、たかが生きて20年。
もっと、もっと、色々なものを感じてみたいし、楽しんで生きたい。
色々なことに折り合いをつけて、ナアナアでやってくだけじゃつまらない。

温故知新
古きをたずねて新しきを知る。
今をより良く生きるために、
古きこともしっかり知っておきたいし、できれば見ておきたい。

よく韓国、北朝鮮、中国など、日本は戦争の謝罪が足りないとか、
日本人は歴史を知らなすぎるとか、靖国参拝するなとか言いますが、
たとえ不幸な歴史があるにしても、しっかり昔のことを覚えている。
いつまでの昔のことをガタガタ言ってるんだとか、
くだらないナショナリズムとか思わないで、
過去のことを、忘れないように留めておいて、
そこからどう接するか、どう生きるかということも
大切なんじゃないかと思ってます。

これからは、国際社会。
色んな国の人と接するだろう。
国ごとに文化も風俗も、思想も違う。
知らなかっただけじゃ済まないこともあると思う。
だから、これからも学んでいくことは大事だと思うし、
自分の身の回りの出来事や、自分の国のことくらい知っておきたいと思う。
くだらない雑学だと思う人には、それまでかもしれないけど、
大切なことじゃないかと、僕は、思う。




posted by kakasi at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

ノエル大いに語る

oasisの『Don't Believe The Truth』の人気はイギリスでも高い。
音楽誌『Q Magazine』の主催する<Q・アワーズ>で2部門受賞だとか。

でもノエルが、ベテランの俺たちが獲るってことは、
若者がなってない証拠、と言っている。
若者は何やっとるか!ってことですな。

でも、イギリスは活きのいい若手がいっぱいいるので、
未来はそんなに暗くはないと思う。
「KASABIAN」 「ROOSTER」 「The Subways」 「Franz Ferdinand」「JET」

あ、JETはオーストラリアか。
でも、他にも良い若手バンドがいると思うし、捨てたものじゃない。

ただ、やっぱりoasis級となると難しい。
oasisの「Definitely Maybe」と比べると……
個人的には、KASABIANに期待。

21世紀のビートルズのような絶対的ともいえる存在が出てきて欲しいな〜
いいバンドは、いっぱい出てくるんだけどね。
まあ、僕が言えるような立場じゃないけど。
posted by kakasi at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

Worlds end

僕らはきっと試されている どれくらいの強さで
明日を信じていけるのかを…


song by Mr.Children


ニュースで、アメリカにまた被害を起こすであろうハリケーン
「リタ」に対しての、住民の様子を見た。


被害が予想される地では、街はガランとして、非日常な世界に見える。
住民を助けるはずの警察は、非難に遅れた人を助ける様子もない。
非難最中のバスは、途中で炎上していた。
ガソリンが無くて、車を押して移動している人がいる。


これは、僕らからすれば他人事だ。
そう、確かに他人事なのだ、でも……
ここで、他人事と思い終わるか、
それとも今回のことを自分達の教訓と思い、
何かの被害のための準備ができるか……
遥か遠くのアメリカの地の人たちへ、僕らは何が出来るだろうか。


前回のハリケーンの被害者のために、
アメリカのスターは、チャリティーのコンサートを行った。
貧困を救うために、世界中で、ライブ8というコンサートや
ホワイトバンドプロジェクトがある。
ホワイトバンドは、ファッション的なものになってたり、
寄付になっていないと言われているが、
メディアの大々的なアピールもあり、
少なくとも純粋に貧困を助けたいと思い
ホワイトバンドを購入し、身に着けている人達もいる。


今回、ハリケーンが直撃した時、僕らは何ができる?
少なくとも、他人事だ、で終わらせてはいけないと思う。
このまま平和に暮らせる保障は、誰もしてくれないから。

posted by kakasi at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊急メンテだとさ

ちょっと前にブログ見たら、画像が表示されなくて、
しかもマイ・ブログに入ろうとしても
英語でアクセス禁止みたいなことでるし
メインのページにも、貴方はアクセスできませんみたいなことで入れず、
やべっ!俺なんか禁止事項に引っかかったか?
と、マジあせり。

でも、メールチェックしても何も、seesaaから来てないし、
どうどうめぐりしてたら、緊急メンテにつき、
画像の表示ができませんと出ていた。
その間、マイ・ブログのページにも入れるようになってたし、
今では、完全復旧。ああ、よかった〜
本気でこのブログの更新できなくなったかと思ったよ。
posted by kakasi at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

記憶をたぐり寄せて

ようやくブログを休んでたころ読んだ本を、載せ終わり。
本の内容を思い起こしながらも、なんとか終わりました。
やっぱり、感想を書くなら読み終わったすぐ後が一番。
ただ、少し経ってからの方が、色々考えられて改めて思うこともあるので、
なかなかこれが、悪くない。


ブログ休暇中のビデオやDVDを入れると、収拾がつかなくなるので、
そっちはやめておくことに。

もうすぐ大学も始まるので忙しくなりそう。
ブログはおもしろいので、止めることはないと思うけど、
更新をしっかりできるようにがんばりたい。自己満足だけどね。
posted by kakasi at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。