2013年02月14日

『満天の星と青い空』 西森博之

満天の星と青い空 [単行本] / 西森 博之 (著); 小学館 (刊) 満天の星と青い空

引越し先が光タイプもADSLもマンションタイプもネットが繋がってないため、
Pcket Wifiを使ってますが、遅いしすぐ回線繋がらなくなるなぁ。
LTEだけど、電波悪いからほとんど3Gになるし。県庁所在地なのに……
まあ、持ち運びできてネット繋げられるのは便利なのでいいですか。
文明が発達してますねぇ。電子機械は。

で、今回の作者は最新とか最先端とは正反対のような、
悪く言えば古くさい、地味な作風なのだけど
じっくり丁寧に作品を作っているので、絶対面白くなると
安定して僕にとって面白いものを提供してくれる作家さん。
『今日から俺は!!』『天使な小生意気』『道士郎でござる』
『お茶にごす。』『鋼鉄の華っ柱』どれも好きだなぁ。
それは漫画でなのだけど、今回はなんと初小説。

突如落ちてきた隕石のせいで、地球上の金属が短時間で腐食し、
世界の文明が崩壊し、大混乱が起きているという終末の日本を舞台に
修学旅行に出ていた主人公たちは、故郷の東京に帰れなくなってしまったが、
サイバイバルしながら、故郷を目指すという少年少女の漂流記といった内容は、
それだけでドキドキさせてくれるが、
僕がこの作者を好きなのは、なんといってもキャラクターの心理描写の描きかた。

不良キャラから、真面目キャラから、取り柄のない地味なキャラ
腹黒いやつに、お調子者、そんな奴らを見るだけでも面白いが
それぞれの、人物を丁寧に心理描写を描いてくるから
より一層キャラクターに愛着を持てる。
『天使な小生意気』の小林の最後の対決シーンの

『もう一度立てる力があって良かった 強くなって良かった』

とか『道士郎でござる』の神野と前島がヤクザにボコボコにされてる時に
道士郎が助けに来た時の、神野と前島のからみとかさ。

『今日はオメーのスーパーマンになりそこねた』

からの圧倒的な力でヤクザを叩きのした道士郎をみて

『オレは、アレになるぜ 無理とかなんとかゆーんじゃねーぞ』

とかさ、すっごい好き。
でも一番は、普通の人が、それまでの普通から一歩飛び出して
ガムシャラに腹をくくり行動するとこが好き。

と話がそれてしまった。上の漫画の2例は、サブキャラの例を出した。
この作者は主人公の周りを引き立てるのが上手いのだけど、
今回の話は主人公が、思う存分に目立っている。
正確には主人公とヒロインだけども。

冷徹で空虚で超人の主人公の男がそれと正反対のヒロインとの出会いから
サバイバルを通じて、自分の知り得なかった価値観に触れて
徐々に変わっていくボーイミーツガールなジュブナイルファンタジー。
ここまで行けば、ぶっ飛んだ内容なわけだなのだけど
英雄譚なんかではなく、あくまで人が生きていく日常を描いているため
地に足をつけたような、ファンには納得の西森ワールドが心地よく、
時にバイオレンス、時にほのぼの、時にコメディ。
漫画の描写が頭に浮かんでくるような話だった。
posted by kakasi at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 作家別 「な行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

『未来学―リスクを回避し、未来を変えるための考え方』 根本昌彦

未来学―リスクを回避し、未来を変えるための考え方 未来学

ちょっとブログをリニューアルしてみましたkakasiです。
お仕事を始めて、ガムシャラにやってますが、まだまだです。

よく上司から、何を行動するにも理由づけろと言われる。
そして、肌で何を感じたか、どう行動しようと思うか。
逐一、説明させられるが、万人を納得させる説明ができない。

一応、物を売る商売になるので、商品説明だけでなく、
なぜ、この商品が良いのか、周りの反響は。世代での傾向は、流行は。
感じるのもまだまだで、知るということもまだまだ。

そんな仕事だからか、いつもと変わった本を読んでみた。
ズバリタイトルが、『未来学』
予測して、掴み取らなければ、生き残っていけない会社なので。

内容は、かなり読みやすくて良いと思った。
難しいことをしないといけないことが書いてあるが、
読む分には、それほど難しくない。
以外と、入門編という印象を受けた。

だけど、ただ読んだだけでは、あんまり意味がない。
考え方とか、知り方ということは、学び取れたけど、
そのことを実行に移すには、かなりの根気が要りそう。
ただ、そういうことは、社会人としてやっていかなければダメなんだろう。

社会への対応、歴史から読み解くこと、情報収入、思考法。
そして重要なのは、厳しい予測を受け入れ、将来に備えること。
今の時点で、自分は失敗を恐れず、とにかくやってみろと言われる。
でも、そのままではいけないんだと、ひしひし感じる。
何事も現状維持なんてことは難しいというか、無理なことが多い。
絶えず、時間は流れていくし、その流れに沿って進むため、
自分を成長させなければいけない。
いくら本を読んだからって、成長したなんて自分でも思っていない。
大事なことは、どう生かすかだよなと感じた。
posted by kakasi at 23:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 作家別 「な行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

『ブックショップはワンダーランド』 永江朗

ブックショップはワンダーランド ブックショップはワンダーランド

この本は、著者の永江朗さんが、個性的な本屋さんを巡り
そこの書店員と書店や定番本について対談する本。

いや〜みなさん本を愛してますね。
まあ、僕も腐っても書店アルバイト。
時給はクソみたいなものだけど、やっぱり本が好きだから、
好きなものを売りたい、紹介したいという気持ちは、すごいよくわかる。
僕の場合は、普通の本屋で、たいして大きくもないので
好き勝手できないけど、それでも自分の入れたい本を
多少は、発注できたりするので、それが醍醐味。
そして売れたら、こんなにうれしいことはない。

この本では、アートや建築、児童書など専門店の話から
紀伊国屋に東京堂に教文館などなど、まあ知られている書店まで網羅。
専門的な本の他にも、ミステリーや文学など一般的なことも対談。
しかし、専門店はやはり違う。
普通の本屋とは、こうして文章で読むだけでも雰囲気が違う。
そんなコダワリを持ててかつ、商売として成功しているからスゴイ。
やっぱり首都圏ということもあるけど、
書店員さんの情熱が、スゴイんだろう。
僕はあんなに、本の説明できない。
まあ、自分の呼んだ漫画や一般的な小説なら語れるけど、
この本で対談する人たちは、すごい知識だと関心する。
やっぱり好きなんだよな〜 本が。

世の中には、まだまだおもしろそうな本が埋もれている。
そういう本を見つけて、読んでいきたい。
ブックショップなんてオシャレな名前は、僕には似合わない。
本屋さんだよね、やっぱり本屋。
本屋さんは、ワンダーランドだ。
posted by kakasi at 01:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 作家別 「な行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

『4コマ哲学教室』 南部ヤスヒロ+相原コージ

4コマ哲学教室 4コマ哲学教室

熱い日々が続く中、皆様どうお過ごしでしょうか。
人間ももちろん、花たちもこの熱さには参っているようで
枯れる花が続出です。
枯れないように水をやらねば。
そういえば、ここのブログも放っておいてしまったので枯渇ぎみ。
枯れないように水をやろう。
枯れ木に花を咲かせましょう。
ということで、お久しぶりです。

哲学本って興味あるんですよ。
大学でも、哲学の講義とったりしたけど
本を読むとなると、どうにも最後まで読みきれない。
何となく、何が言いたいのかわかるけど
とにかく、小難しいことばかり書いてあり、
読むと疲れてしまう。
そんな人には、この本!とばかりに、
気楽に読めて、おもしろくて、真面目に哲学してる本です。

4コマ+補足文章といった形式で
哲学の一般的なことは幅広く補完している。
4コマの登場人物は、主人公の青年とブタ。
二人の禅問答のようなやりとりだけといえば、それまでだけど、
そのやりとりに補足として文章で
サルトル、デカルト、ニーチェ、ハイデガーなどや
アイデンティティー、愛、自由などを扱い
なかなかにおもしろい哲学本へと昇華されている。
人はなぜ生きるのか?
そんなことわかりません。
僕の生きる意味は、いったい何なのか。
考えていくと禅問答になっていしまう。
僕の心の中で、この本の主人公とブタのような会話がくり返される。
答えてくれよ、ミスターマイセルフと言いたいけど
答えがみつからないので本に頼るし、他者に頼る。
だけど、答えは自分の中にしかない。
わけがわからなくなるけど、そういうことを考えるのもありかなと
思ってしまえる、夏の日に読んだ一冊でした。

とりあえず、パンでも食べよう。
posted by kakasi at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 作家別 「な行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

『七回死んだ男』 西澤保彦

七回死んだ男 七回死んだ男

この作者の『方舟は冬の国へ』を読んで、いいな〜と思い、
作者が代表作だと言うこの作品を読んでみました。
SFとミステリーが混じった小説です。
9日間同じ日を繰り返してしまう能力を持つ高校生の主人公が、
祖父の死を避けさせるため、奮闘する物語です。
ほほー へっ? なにー!っと思っちゃいました。
けっこうテンポよく読めるし、おすすめできます。
この祖父の死の謎を、この本で明らかになる前にわかったらすごいですよ。
僕は、全然ダメでした。
僕は、ミステリーの謎解きは苦手なので、物語を楽しむ人ですので。
恋愛部分も、なかなか楽しめました。


posted by kakasi at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 作家別 「な行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。