2008年05月29日

『人類は衰退しました B』 田中ロミオ

人類は衰退しました 3 (ガガガ文庫 た 1-3) 人類は衰退しました 3

シリーズを通して思うことは、スケールは大きい。
たぶん、漫画なんかだと、世界の始まりのことや、人類の終末、
新たな生命体、高度な文明など、広めようと思えば、すごく広まる。

だけど、意図的に物語はすごくスケールの小さいことばかりやっている。
だけど会話や、主人公の独白をすごく深読みしすぎると、
ものすごくスケールが大きい。
何事も捉え方しだい。

今回は探査もの。
メタ的なものもこれまで通りいっぱい、パロディもいっぱい。
妖精さんの登場が少なくなった分、メルヘン・ファンタジー色が薄く、
サバイバルや機械やらバトルやらで、ちょっと今までと変わった感じに。
相変わらず教訓めいていて、現代の童話・寓話感が漂う。
童話とか、寓話、昔話と違うのは、
口承の文化に基づいていないだけだが、
本という存在が一般化し、ネットという技術が進化して、
多くの人に伝播しているので、これもまたありかなと。
とまあ、そんな難しいこと考えず、とにかく楽しんで読むのが一番。
posted by kakasi at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 作家別 「た行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98454600

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。