2008年05月24日

THE YELLOW MONKEY ベストを作ってみた

お金がないから、吉井和哉のDVDボックスは買えません。
ライブCDはなんとか、買えました。
っていうか、久しぶりにタワーレコードに行けたので、
普段まったく買えないCDを買いすぎたので、お金がないので、
自業自得なんだけど、いつかボックスは買ってやるということで、
今は、イエモンの勝手なベストを作って満喫しています。

そうなんだけど、とても一枚にまとめ切れなかったので2枚に。
今でもイエモンの楽曲には、何か奮い立たされる。

1.Love Communication
2.Tactics
3.嘆くなり我が夜のFantasy
4.SPARK
5.楽園
6.追憶のマーメイド [Original Lyric Version]
7.カナリヤ
8.Father
9.Suck Of Life
10.SO YOUNG
11.エヴリデイ
12.悲しきASIAN BOY
13.太陽が燃えている [Demo]
14.LOVE LOVE SHOW(Album version 後半の部分カット)
15.バラ色の日々
16.プライマル。
17.JAM

まあ、ベストがいくつも出てるんだけど、
俺だけの(略)ということで。
そんなこというと、ファンに殺されそうだけど、
そう思ってる人も多いバンドだと思う。
熱狂的なファンが多かったバンドだから。

そうとう悩んで作ってみたら、ベストというか代表曲を集めた感じに。
どうしてもいれなきゃという、変な使命感。
それでも「BURN」や「球根」が入ってないけど、それは2枚目に。

「熱帯夜」を本当は「嘆くなり我が夜のFantasy」の代わりに、
入れたかったけど、容量不足でなくなくカット。

思い入れ深いのは「楽園」初めてイエモンを知った曲。
「LOVE LOVE SHOW」はアップテンポなAlbum versionの方が好き。

特に好きなのは、「Love Communication」「Suck Of Life」
「プライマル」それに「JAM」は外せない。

こうして何度も聞いても、追いかけても、追いかけても届かない。
そう、満たされ流され汚され、捨てられ騙されるけど、心を奪われ。
さようなら、きっと好きだったなんて思うけど、
なかなかさようならできない。
今ソロでイエモンの楽曲歌ってくれていて、とてもうれしい。
でも、いつか4人揃ってステージに立ってくれたらなと。
願いのような期待を込めて、CDに貼り付けた画像は、
ファンをバックに4人が肩を組んでいる姿に。

posted by kakasi at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | iTunes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。