2008年04月25日

『首無の如き祟るもの』 三津田信三

首無の如き祟るもの (ミステリー・リーグ)首無の如き祟るもの

2作目より、1作目の雰囲気に近いと感じた。
というより、1作目と2作目の間くらいで、ちょっと1作目寄り。
ミステリー+ホラーの醍醐味を十二分に楽しめた。

謎の「首無し」という存在に対する恐怖。
古き伝統の残る村の、民俗要素による恐怖。
その恐怖を取り除くための謎解きが、新たな謎を生み出してしまう。

また、この小説の構造が特殊で、
事件とほとんど関係のない人物の語りというより、手記で進んでいく。
そのために明らかになる、ラストの推理により、
このために、このような書き方にしたのかと、唸ってしまった。

人はやっぱり人を見分けるには顔で判断する。
指紋であったり、良く知る者同士なら、
それ以外でも判断できるだろうけど、
顔がなければ、首がなければ、わからない。
首無しの恐怖であったり、トリックは、効果的だった。
色々な意味で。

この本はシリーズ3作目だけど、主役不在?
途中で、間違いなく居たには居たのだけど。
最後の彼は……
最後まで、謎に満ちる不気味な話だった。


シリーズ過去作品感想リンク
『厭魅の如き憑くもの』
『凶鳥の如き忌むもの』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94689423

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。