2008年03月26日

『凶鳥の如き忌むもの 』 三津田信三

凶鳥の如き忌むもの (講談社ノベルス) 凶鳥の如き忌むもの

刀城言耶シリーズ2作目、ようやくです。
首無しの…を買っていたけど、これを買ってなかったので、
ようやく読める。

前作の『厭魅の如き憑くもの』が、ホラー+ミステリーだった。
『厭魅の如き憑くもの』の感想)
近作も、まさにホラーとミステリーで、民俗学的でもあった。
前作と比べ、禍々しい印象は多少薄れて、
ホラーというより、ミステリー寄りだった。
どうにも、謎解きしているシーンばかり印象にある。

実は言うと、ホラーな禍々しい部分を期待して買ったのだけど、
ありきたりかもしれない謎だが、
密室からの人間消失という展開が、特殊な状況下だけに、
大きな謎として立ちはだかり、いい意味で悩ましてくれた。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。