2008年03月24日

『ジーコ備忘録 (FOOTBALL Nippon Books)』 ジーコ

ジーコ備忘録 (FOOTBALL Nippon Books)  ジーコ備忘録

2006年のワールドカップは、本当に残念だった。
でも、その敗戦を受けとめきる前に、オシムの日本代表監督が決定して、
日本のワールドカップを振り返る前に、
新しい代表に向かってしまった。
その時僕は、あのワールドカップは何だったんだろうと感じた。
ジーコからオシムへ、そして今は岡田ジャパンに。
ジーコが日本サッカーへと残した、最後の置き土産、『ジーコ備忘録』
悪夢として、忘れ去られていくワールドカップの記憶でもあった。

読んでみると、日本から去ったジーコが、
未だに日本のことを好きでいてくれることが、とてもうれしく思う。
そしてジーコは、自分の全てを日本に伝えたとも言っている。
サッカーの神様と呼ばれる人が、日本を惚れこんでくれた。
これって、とてもすごいことなんだと今更に思う。

ジーコの思いは本を読むと伝わる。
たぶん正しいことだとも思う。
だけど、それを実行しろと言われると難しいかもしれない。
日本はブラジルではない、サッカーがプロ化したのも最近。
人それぞれではあるけど、それでも日本人特有の文化、意識がある。
日本人の美徳もあれば、悪い部分もある。
結局ジーコは、悪い部分を変えきれなかったのかなと思う。
サッカーを、戦いをするということで。

それは、国とかチームによって、ジーコのサッカーは、
賞賛を浴びる面もあれば、浴びない部分もあると感じた。
出来る所もあれば、出来ない所もある。
でも、結局は結果が全てになってしまう。
悲しいし、理解されない・・・
1勝も出来なかったワールドカップの苦い記憶。
それがこの本の全てだと思う。
ただ、ジーコが日本を愛してくれたということ・・・
何度も、そのことだけが、思い浮かぶ。
異国の人が、日本を好きになってくれた。
今まで、ありがとうとジーコに伝えたい。


posted by kakasi at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 作家別 「海外」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。