2008年03月17日

「ラヂオの時間」

ラヂオの時間 スタンダード・エディション  ラヂオの時間

ラジオは、地方ごと、もちろん番組ごとにも違いが良く見える。
こだわりみたいのが、見えてくる。
そして何故かわからないけど、親近感がわく。
生放送が多いというのも、とても魅力的。

僕は、愛知、静岡と住んできた。
愛知ならZIP-FM、静岡ならK-MIX。
残念ながら、毎日聞くようなヘビーユーザーではなかったけど、
ハマった時は、かなりラジオは愛聴していた。

この映画は、ラジオの生放送の一風景。
それぞれの人のこだわりだとか、苦悩とか、使命。
ごっちゃごちゃになって、ドタバタした三谷幸喜、初監督作品。
おいしい役所には、世界の渡辺謙。

おもしろいんだけど、どうしても理不尽さに腹が立つのは、
僕が鈴木京香のファンだからだろう。
これはハッピーエンドなんだろうか。
妥協に妥協を重ねるのは仕方がない、
おもしろいことは、良きことかもしれないけど、
メアリージェーンは、酷い・・・
でも、まさにみんなで作ったラジオ番組。
実際にも、こうして色んな人の思いを載せて、
電波を飛ばすんだろうな、ガンバレ!ラジオ番組。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89913049

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。