2008年03月10日

『もものかんづめ』 さくらももこ


もものかんづめ (集英社文庫) もものかんづめ

さくらももこの初エッセイ集。
友蔵との本当の関係は、知っていたけど、
作者の文章から読み取るのは初めて。
腹黒くて、不謹慎に思えるけど、どこか憎めない。

やっぱりそれは、まる子だから。
それに毒が少しあったほうが面白い。

友蔵以外の話は、純粋に面白かった。
最近漫画の『ひとりずもう』を読んで、
またこの人の話が読みたいと思ったのだけど、
ひとりずもうのような、しんみりとする話もいいが、
おもしろ、おかしな話が上手い。
水虫の話では、あのお姉ちゃんまでが・・・

作者の日常を、肩の力を入れずに書いたんだろう。
妙に達観してるかのようで、周りがよく見えてるのだろうか。
周囲のというか、家族の面白さが伝わってきた。
というより、家族が好きなんだろう。
何気ない会話、どこまで本当かわからないけど、
そういうところが、面白い。
posted by kakasi at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 作家別 「さ行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88948470

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。