2008年03月05日

『あやし』 宮部みゆき

あやし (角川ホラー文庫 126-1)  あやし


現代物のホラーも、時代物のホラーにも、
共通してよく思うことは、怖いということもあるけど、
悲しい話であったり、霊になったのが不幸な人物だったと感じること。

宮部さんのこの時代怪奇小説『あやし』は、人情物にも感じられるので、
怖いというより、悲しい。
角川ホラー文庫から出てるので、ホラーのイメージで読み進めていたけど、
ホラーではなく、怪奇。あるいは奇妙。
時代物で怪奇になると、どことなくだが、
実際に昔あったとしてもおかしくなさそうに思えてしまう。
まだ、機械に支配されていない、
それこそ妖怪でも潜んでいそうな、世界。
「あやし」に一文字「か」を足すと「あやかし」になる。
その意味は、不思議なこと、またはそのもの。そして妖怪。

だけど、やっぱり小説からイメージされるのは、
「妖怪」というより「幽霊」
ようするに、現代に作られた「怪談」
でも、昔聞いた怪談そのもののように感じられた。
posted by kakasi at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 作家別 「ま行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88350900

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。