2008年02月19日

『戦国武将 最強は誰だ?』

500円でこれだけあれば満足。

画像は無いけれど、表紙や挿絵には
ゲームの戦国無双のイラストレーターさんの書く絵がインパクト大。
家紋や生没、有名な戦いや城も載っている。
戦国時代はあまり詳しくない素人のkakasiには、
なかなか面白く楽しめました。

詳しくないけど、戦国時代というか、
日本の戦国〜明治政府誕生くらいまでは好きです。
三国志も好きではあるんだけど、やっぱり日本が好き。
とか言いながら読書で『真田太平記』は7巻から止まっていて
『箱根の坂』も2巻で止まっているし、
漫画の『センゴク』も14巻で止まっているのだけど・・・

本には、戦闘力とか統率力とか10段階のチャートもあるのだけど、
そっちはあまり信用してないというか、
まあ、こんなものかな程度に参考して、
武将達の歴史を楽しんだ。
その歴史も、何せ昔々のことなので、
どこまで本当のことかわからないのだけど、
ロマンがあって面白いなと思う。
戦闘力とかも信用してないと言うけれど、
こういうことを妄想するのは好きなので、個人的にはありです。

最終的にこの本の選ぶ、最強の男が選定されているけど、
まあ妥当かなというくらいの感想。
実際の強さだけで言えば、武田信玄とか上杉謙信とか
織田信長とかになりそうだけど、
知力、人望、財力、運も考慮してたりしている。
実際に同時期にこれらの人物が生まれて、争っていたら・・・
考えることが、とてもおもしろい。

真説戦国武将最強は誰だ? (いずみムック (44))

一水社 (2008/01)
売り上げランキング: 63916

posted by kakasi at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書「その他」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84716118

この記事へのトラックバック