2008年02月15日

「機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-」

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-

まず一言「遊びでやってるんじゃないんだよ!」
カツのどうしようもなさに、
カミーユがものすごい大人に見えた。
その対比で、カミーユがいかに成長したかわかった。

新訳Zということで、ラストがどうなるのかわからない。
その点で、スリリングに見れた。
戦闘シーンが盛りだくさんで、MSの戦いは見所だった。

ラストでは、噂に聞く、テレビの絶望的なものとは違い、
安堵感があるものになっていた。
ハッピーエンドにすればいいってわけではないけど、
救いがあって良かったなと思う。
テレビでは続編のZZがあって、カミーユが復活してるけど、
それがないので、1つの作品とするとこうあるべきかなと思う。
ただ、救われない人は、本当に救われない。
戦争ってそういうものだから。

1,2見てから、だいぶ間が空いてしまったので、
話がわかりにくかったのは自分のせいだとしても、
劇場で見ていた人も同じ条件なわけで、
やっぱり、わかりにくかった。

でも全体的に見て損したなとは思わない。
劇場だったら、わからないけど。
テレビを全話みるにも辛いのでレンタルならば、
Zガンダムを知るということで、良かったと思っている。
そんな感想。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84067728

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。