2008年02月13日

『ゴールデンスランバー』 伊坂幸太郎

ゴールデンスランバーゴールデンスランバー

首相暗殺という言葉が出ていて、
正直、またかと思った。
『魔王』のようなのがまたかなと。
『魔王』はかなり好きな話なのだけど、
また政治がらみなおは勘弁だと思った。
それに首相暗殺では、ケネディ暗殺関連の方が
ミステリアスだと思い、わざわざ創作を読むべきなのか迷った。
そのせいで、発売後もなかなか手が出なかったけど、
やっぱり、伊坂さんの作品にはいい意味で裏切られてきたので、
買って読んでみることに。

話は、首相殺害したとされる男の逃亡劇。
伊坂版の「逃亡者」と呼べるような話になっていた。
相変わらずの洒落た会話と、思わず顔がほころぶ多くの複線。
いつものようなミステリと同じように感じるけど、
ミステリ要素より、圧倒的にエンターテイメントが溢れている。
伊坂幸太郎が娯楽小説に徹したらという謳い文句は、本物だった。

本当に、一言で逃亡劇の話なんだけど、
その映画じゃないわけで、派手なアクションシーンはない。
じゃあ、何が見所だというと、
人間模様であったり、巨大な権力の動き等になる。

人間の最大の武器は、との問いに

「習慣と信頼だ」

と応える人がいれば、

「思い切りだよ」

と応える人もいる。
他にも、冷静な行動であったりとあると思う。
そしてそれが、最大の欠点にも変わる。
とても、辛くて悲しいことで、
最終的には、逃げるための知恵こそが武器なのかもしれないと感じた。
そんな悲しい話なのだけど、ラストの章で、
だいぶ救われた気がした。
「たいへんよくできました」そう言いたくなるくらいに。

posted by kakasi at 19:30 | Comment(2) | TrackBack(1) | 読書 「伊坂幸太郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらにも失礼致します。
TBさせていただきました。
今更ながら、ようやく予約して入ってきたので、読みました。
圧巻でしたね。
こういう時間差を書くのが本当に上手い作家さんだなと思います。
青柳はどうしてこんなに追いつめられなければならないのか、不条理さを感じつつ、それでも信頼する事を止めない主人公が凄いなと思いました。
そういう性格だから、敵が多い中、味方もいたのかなと思いますね。
Posted by 苗坊 at 2008年07月25日 00:05
どうも、どうも、苗坊さん。

信頼するっていうことは難しいですね。
本当は、とっても簡単なことなのに、
そうそう上手くいかないってことを、世の中が、メディアが撒き散らしてる。

ウソがはびこってるからこそ、こういった人の優しい部分に触れられるような信頼が、暖かく思えました。
バカというか、お人よしというか、こういう人を、僕は笑わないし、蔑まないし、好きです。
Posted by kakasi at 2008年07月25日 19:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83874961

この記事へのトラックバック

ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎
Excerpt: ゴールデンスランバー オススメ! 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。 昔話をしたいわけでもないようで、森田の..
Weblog: 苗坊の読書日記
Tracked: 2008-07-25 00:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。