2005年10月19日

『蝉しぐれ』 藤沢周平

蝉しぐれ  蝉しぐれ


映画に感銘を受けて、遅ばせながらも原作を読了。
まず思ったのは、映画と小説の「蝉しぐれ」は、
同じものでありながら、別物ということ。
でも、作品から受ける、すがすがしさや郷愁、淡い恋は同じものだ。
映画は、恋や友情に焦点を当てたとすれば、
小説は、文四郎の成長記と言ったところか。

でも、まぎれもない初恋の淡い恋の物語であることは、
間違いない。
結局目指したものは、一緒だったのかもしれない。

小説版は、ライバルの犬飼、美しい未亡人、秘剣のことなど、
映画にないエピソードや、細かい裏側の背景や、
人々の思想がはっきりしていた。
映画では、駆け足すぎて消化不良の部分が、
くっきりとして現われている。
その分物語のおもしろさでは、小説の方が格段に上だと思う。

でも、映画版は、ふくとの恋がはっきり見えた。
小説の一文にもあったが、文四郎は、
ふくのことを忘れていた時もあったし、
妻を娶るのも、映画と違いふくに再会する前だ。
忘れようと、忘れ果てようとしても、
忘れられるものではございません

の名台詞が無かったのも、仕方ないか……
特に、映画の最高ともいえるシーンの荷台を押すシーンでは、
小説だと、文四郎の弟分の弟子も一緒というところは、残念。
というか興ざめした。
でも、この原作がなければ、映画は生まれなかったわけで、
この話を作った藤沢さんは、すごい人だと思う。
もちろん小説も、すごくおもしろい。

友情の部分も、映画よりそういうものを感じる場面は多いけど、
映画の方が短いが、伝わってくる。
俳優がアレだからか、多少クサイけど。
子どものころ遊んでた川で、
大人になってまた集まっているところとか。
まあ、ここは映像ありだから仕方ないけど。

映画は短い分、その一瞬の輝きは、目を見張るものがある。
蝉が短い命を泣き声に託し、その命を証明するように。
しかし小説は、言葉を巧に操り、
まるで魔術にかけたかのように、その世界へと誘う。
いい小説を読んでる時間は、何にも替えがたいほど素晴らしい。

小説と映画では、最後のふくとの別れも多少違う。
小説のように、ああやって行動で気持ちを示すと、
長く読んでいて感情移入した者としては、
多少報われた感もあり、うれしいが、
映画のように「好き」と一言も言わず、特別なこともなく
感傷に浸るかのように終わるのも良い。
ずっと忍んできた文四朗らしいと言えば、らしいかもしれない。

短い命をかき鳴らした蝉の声も、それを当たり前に思うと、
それがどんなに尊いことかも忘れてしまう。
そして気づいたときには、鳴いている蝉など、どこにもいない。
でも、また僕は「蝉しぐれ」のことを、思い出すだろう。
夏がきて、蝉が鳴きだすたびに、きっと。

posted by kakasi at 17:13 | Comment(2) | TrackBack(2) | 読書 作家別 「は行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは^^TBさせていただきました。
時代小説って、難しいだろうっていう偏見があったんですが、この作品を読んでこれからも読んでいきたいなぁと思ったんですよね。
名作ですよね。本当に素敵な作品でした。
もしもあの時二人が会っていたら、二人の運命は大きく変わったんでしょうね。
映画は見ていないのですが、とても気になっているんです。
でも、ストーリーを知っているだけに見るのに勇気がいるんですよね。。。
本当に切ないので。
Posted by 苗坊 at 2007年02月17日 11:04
苗坊さん、こんにちは。
いくら惹かれあっている人たちでも
どうにもならないこと、運命っていうものを強く感じました。
僕も、この本は好きですよ。
名作ですね。
Posted by kakasi at 2007年02月18日 14:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

文春文庫【蝉しぐれ】藤沢周平
Excerpt: う〜ん……これは 名作 です。 まだ読んでない人、速攻で読むべきよ! まぁ東宝映画になったから、「映画で見た」とか「とっくに読んだ」という人も多いだろうけど。(..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-04-21 16:00

蝉しぐれ 藤沢周平
Excerpt: 蝉しぐれ オススメ! 牧文四郎は元服前の15歳。 父、助佐衛門と母、登世と共に暮らしていた。 塾に通って知識を得、道場へ通い、剣の腕を磨いていた。 隣の家には、ふくという3つ下の少女がいた。..
Weblog: 苗坊の読書日記
Tracked: 2007-02-17 11:02

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。