2008年02月01日

『The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day』 乙一(著), 荒木飛呂彦 (イラスト)

The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another dayThe Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day

初めてジャンプで読んだジョジョは4部だった。
猫草と吉良吉影の攻防だった。
その当時、僕は吉良を主人公だと思っていたのだと思う。
だけど、吉良吉影は4部のボスキャラのようなものだった。
そして、主人公達と吉良の最終決戦へと流れた。
その展開は、幼い僕には衝撃で、
そんな思いもあるからか、ジョジョでは4部が一番好きな話になる。

この小説は、そんな漫画『ジョジョの奇妙な冒険』
第4部のノベライズ版。
漫画の作者は荒木飛呂彦。
アメトークでも、ジョジョの奇妙な芸人という企画が行われるなど、
熱狂的なファンを持つ作品だ。
この漫画を、同じジャンプ主催の小説大賞出身、
乙一が小説に仕立て上げた。

読んでみると、作者がジョジョ大好きなことが伝わってくる。
細かく凝った描写とか台詞とかが、妙にジョジョっぽくて、
二次創作ならではの、わかる人にはわかる面白みがある。
パンを食った枚数とか、鉄塔で暮らす人物とか。
そして、原作を壊さないようにと苦心したことがわかる展開。
そんなジョジョの要素満載ながら、
過去僕も読んだことがあるが、作者の小説の雰囲気も見事に出している。
ジョジョも乙一も両方好きな人にはたまらない。
原作と自分の作風をミックスさせる。
そこに、痺れる、憧れる!

でも、両方を知っているだけに、どっち付かずな感じも否めない。
これが、ネットに落ちている単純な二次創作だったら、
絶賛されているだろう。
でも、これは1500円という定価で売り出されている、
公式なジョジョのノベライズ、二次創作である。
ジョジョファンの多くの人は買っただろう。
僕もその一人であるし、ものすごい期待を持っただろう。
だから、けっこう不満という意見も多い。

でも、僕は満足だ。
今は、岸辺露伴の短編でしか読めない、
4部の先の話が読めたと思っているから。
荒木飛呂彦の作った作品ではないけど、
確かにジョジョの奇妙な冒険を感じられたので。
杜王町に宿る黄金の精神を。
何かを、大切な事を守るための心を。

posted by kakasi at 18:06 | Comment(4) | TrackBack(1) | 読書 作家別 「あ行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kakasiさんこんにちは。以前はコメントをありがとうございました。
ブログ記事に共感しました〜。
私もジョジョ4部一番好きです^^
あの日常に潜む恐怖感がなんともいいですね。

漫画のノベライズ版は読んだことがなかったのでどんなものかなと思ってたんですが、ジョジョでありながら乙一でもあり、とっても面白かったです。
乙一さんがジョジョを敬愛してる感じも伝わってきてよかったですね。

本当に、「黄金の精神」を感じることが出来ました。
Posted by あやめ at 2008年02月02日 16:20
あやめさん、コメントありがとうございます。
もっと早く返事したかったのですが、今の今まで、このブログにコメントが反映されてなくて、気づきませんでした。
トラックバックも送ろうとしたのですが、送信失敗ばかりで、ブログが不調です。

僕は、漫画のノベライズ版は、遥か昔に読んだ「金田一少年」以来です。

他の部みたいに、派手な冒険はないけど
僕も4部の日常とその恐怖感が好きです。
この本読んだ後、4部をまた読み直したよ。
Posted by kakasi at 2008年02月06日 02:05
こんにちは。過去記事に失礼致します。
ジョジョは昔1部を読んで、あまりのスプラッタぶりに他のは読むまいと、失礼ながら思っていました。
この作品を読むにあたり、弟から絶対に漫画を読んでからの方が面白いと思うという助言を受け、しぶしぶ漫画を読みました。
そうしたら一気にはまり、4部を読みきってしまいました。
目を背けたくなるシーンも多々ありましたが、面白いですよね。
それからこの小説を読んだらいろんな人間関係がちゃんとわかって面白く読めました。
乙一さんが、本当にジョジョのことが大好きなんだなというのが伝わってきました。
漫画と小説の違和感を感じなかったです。
堪能しました。


ところで話は変わりますが、4月で入社2年目ですね。
おめでとうございます。お疲れ様でした。
仕事には慣れましたか?
季節を一回りすると、仕事内容が全体的に見えてくるので、少しは余裕が出てくるのではないでしょうか。
今期もともに、頑張りましょう^^
って、偉そうですね^^;入社3年目になったぺーぺーの戯言です。
Posted by 苗坊 at 2009年04月12日 16:53
苗坊さん、こんばんは。
過去記事大歓迎です。
この小説には弟さんの助言は必須だと思います。
4部を選んだ乙一さんは、ジョジョ好き間違いないですよ。
かなり昔の4部を選ぶところにジョジョマニアを感じました。

仕事は2年目ということで、仕事の自分に関する役割が増えて、てんてこまいです。やることだらけで。
その分やりがいは感じてます。でも、正直きっついですよ。ブログが今こんな更新状態なのは、余裕がないからでしょうね。追い込まれてます。
でも頑張ります。というかやるしかないところです。
頑張りましょう。
僕も仕事はもちろん、ブログも続けて、心配ないよってとこを見せたいです。
Posted by kakasi at 2009年04月17日 01:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day 乙一
Excerpt: The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day 「ジョジョの奇妙な冒険」第4部を題材に乙一が2000日をかけて書いた渾身の1冊。 杜王町を舞台に..
Weblog: 苗坊の徒然日記
Tracked: 2009-04-12 16:47

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。