2005年10月05日

「シン・シティ」

基本、白黒映画だけど時に見せる赤や黄の有彩色が
鮮やかでもあり、エロくもある。
白黒っていうより、シルバーという感じ。

フランク・ミラーの同名コミックを、ほぼそのまま再現した映画らしい。
タランティーノがゲスト監督するだけあって、バイオレンス。
今のご時世に白黒やるだけあり、ハードボールド。

主役3人のオムニバス形式の映画だけど、
どこかで繋がっている場面がある。

主役その1
ブルース・ウィルスは、久しぶりのはまり役だと思う。
どーも「シックス・センス」以来パットしなかったので、お見事。
貴方を見てると、いつでも死にそうな場面でハラハラしますよ。

主役その2
ミッキー・ロークは、猫パンチより強烈なパンチを、
まだ「エターナル・サンシャイン」での役がまともに思える、
イライジャ・ウッドへ叩き込み。フロドはどこへ消えた?
とにかく、ハードボイルドとは死ぬことと見つけたり。

主役その3
ベネチオ・デル・トロが主役だと思ってたら、
クライブ・オーウェンが主役だったのね。
「21g」でも怪演したと思ったら、もっとサイコだよ。
個人的に主役を喰った!
喰ったといえば、カラーだったら、
イライジャのあれは、ものすごい気持ち悪かっただろ。

まあ、全体的に見れば。ジェシカ・アルバに限るんだけど。
セクスィーな彼女だけは、カラーで見たかった…

それにしてもグロかった。ああ〜グロい。
カラーだったら非難中傷は確実。あのイエローの時とかよ〜
デヴォン青木は、タランティーノが絡んでるだけに、
彼の趣味だと、思ってしまう。
エロスよりグロ。

この映画、大物役者は揃えているけど実は、制作費は格安な作品だそう。
次回作も、同じキャストでやる予定だとか。
これ以上何やるの?って気分だけど、はてさて。
あ、言い忘れたけど、なかなかに面白かったですよ!

sincity_kevin_b_m.jpg
↑これがフロド。
常にこの顔、ロード・オブ・ザ・リングのあの表情は消えた!
posted by kakasi at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

シン・シティ ??この街では、愛さえも闘い??
Excerpt: 『シン・シティ』行って来ましたよ?? フランク・ミラー監督というと、ロボコップとか正直よく知らないのですが、ロバート・ロドリゲス監督は大好き タランティーン監督もちょっとだけ演出したとか(どうせな..
Weblog: 今日はどこへ行きましょうか
Tracked: 2005-10-05 20:08