2005年09月14日

「チャーリーとチョコレート工場」

ティム・バートンの残酷な童話。
でも、明るく笑えて、ハッピーな童話。
主演は、いまや超人気のジョニー・デップ。
デップは、どんな役でもこなしてみせるからスゴイ!
日本の某イケメン実力派俳優と違って、同じような役ばかりでなく、
映画によって色々な形の役をこなすことができて、
本当に力があるなと感じる。


ウンパ・ルンパの全員同じ顔にはビックリ。
ダンスや歌もおもしろく、
皮肉たっぷりの内容にこの映画のテーマを感じた。
子どもたちがチャーリーを除いては、みんな異常なほどに、
子どもの嫌なところを特化させたキャラなので、みんな生贄行き。


デップ演じるウィリー・ウォンカも、
格好からわかるようにおかしなキャラ。
少年時代も歯の矯正の道具だろうけど、変なかっこう。
存在感はスバ抜けている。


童話が原作なので子ども向けのようだが、大人でも楽しめると思う。
けっこう会場でも笑いが起きていたし、
「2001年宇宙の旅」や「サイコ」のパロディもあった。
2001年は、昔見たけどよくわからなかったな〜、そういえば。


この映画のテーマは家族愛だと思う。ラストもそういうものだし。
でも、その中でも教訓のようなものが施されている。
ちなみに一番嫌いなのが、何でも欲しがる女の子。
ああいうのが一番見いて、いらいらする。
こういうのは、よくお店でも見かけるけど、
この映画では行きすぎだよな。
何はともあれ、なかなかおもしろかったです。
posted by kakasi at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

チャーリーとチョコレート工場(Charlie and the Chocolate Factory)
Excerpt: 本当においしかったのは、チョコレートではなく、「ウンパ・ルンパ」ですから〜!残念〜!! クエッ、クエッ、クエ〜、チョコボ〜〜〜〜ル〜 斬りぃ〜.。.:*・゚゚・(´ー`).。*・゚゚・*:.。.
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2005-09-15 00:25

映画鑑賞感想文『チャーリーとチョコレート工場』
Excerpt: さるおです。 世界一オカシな工場見学へ行ってきたよ。『CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY/チャーリーとチョコレート工場』を観てきた。 Holy buckets! おもし..
Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Tracked: 2005-09-17 22:23

チャーリーとチョコレート工場
Excerpt: 作品情報 タイトル:チャーリーとチョコレート工場 制作:2005年・アメリカ/イギリス 監督:ティム・バートン 出演:フレディ・ハイモア、ジョニー・デップ、デイビット・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター..
Weblog: ★★むらの映画鑑賞メモ★★
Tracked: 2010-08-30 01:31

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。