2005年08月29日

妖怪大戦争


bigyoukai.jpg


もうけっこう公開されて経ったので、ネタバレの方向で。

最近『水木しげるの妖怪談義』を読んだのと
テレビの水木しげるの特集のせいで、
予備知識なしで見に行きました。
まあ、ほとんどの映画予備知識なしで見に行くけど。
キャストも知らずに見に行ってまいりました。


妖怪大戦争だー!
と、思わず叫びたいのもわかる、豪快なつくり。
妖怪いっぱい出てくる! 水木先生も強力にバックアップ。
みなさんコスプレ特殊メイクで、誰がなんだかわからないほど、
妖怪に大変身。見終わった後で知ったけど、有名な人がいっぱい出てる!
まあ、竹中直人や蛍原なんかは、すぐわかるけど。
小豆洗いが岡村って気付かなかった……
川姫は、いいね。太もも……


内容は、特別目新しいものは無いけど人間が地球を汚すというのを許せない、
ということは伝わった。妖怪談義でも言ってたしね。
子どもたちに伝えるべきことは明確なので良いと思う。
確かに子ども向きな映画だったせいか、子どもの頃よく見てた
ジャ0プの友情・努力・勝利な映画を思い出した。
よく少年の頃に妄想してた物語のようだ。でも嫌いじゃない。


映画見終わって、小説版を立ち読みし確認してきたけど
「戦争はいけません。腹が減るだけです」
という大翁(水木先生)のセリフは、自分自身が戦争経験者なので
より胸にきた。祭りも腹が減りますけどな!
妖怪たちは、戦争してる気なんてさらさらないようですがね。


大人になったら妖怪は、見えなくなる。
宮迫演じる佐田もそうだったけど、これは普遍なテーマなんだろうな。
確実な裏付けはないけど、僕もそう思う。
まあ、そう言ったら。妖怪もいるっていう確実な裏付けは無いんだけど。
僕は見たことないけど、信じてはいたい。
そうはいっても、とうとう20歳を迎えました。
タダシの成長後のシーンを見ると、もう無いな…と思い、ちょい悲しい。


結局は、人間エゴが一番タチが悪いってことですね。
真っ白な嘘をつける人間になったタダシは、どうなっていくんでしょうか?
やはり、そういう一般的な大人になっていくのか?
そういう大人が出てくるけど、
タダシのような子供が出てくるように思いたい。
ラストにまたアノ人がでてくるけど、
今度はその子が冒険をする番なのかもしれない。


で、冒頭の「恋をした」って誰に?
まあ、粗を探せばいっぱいある映画だけど、
おもしろかった。笑えるとこもあったしね。






posted by kakasi at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。