2007年10月14日

『有頂天家族』 森見登美彦

有頂天家族 ="有頂天家族

ぽんぽこ?とジブリ映画を思い出させられてしまう。
それもそのはず、だってこれは狸の話。

それにしても森見さんにの作品の大体に当てはまるのだけど、
今回の作品も、思うことがある。
それは、真面目にふざけているということ。
登場人物に狸が多いのだから、なおさら思ってしまった。

ほんわかとして、ふざけている話なんだけど、
けっこうエグイ部分もある。
自然の摂理ってつらい、人間(動物)関係ってつらい。
それでも、
面白きことは良きことなり!
そんな精神は、森見さんの精神なんじゃないかと思える。
文体から真面目な感じがひしひしと受けるのだけど、
どこかふざけている気がする。
おもしろくしてやろうってイメージがある。

狸と天狗と人間。
それが、この小説の登場キャラクター。
三つ巴の化かし合い合戦。
ちょっぴり泣けて、いっぱい笑える。
そしてやっぱり森見さんらしく最後は、大暴走。
狸の世界のホームドラマだけど、
普通の人間のドラマと同じくらいのものに感じられた。


posted by kakasi at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 「森見登美彦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60698705

この記事へのトラックバック