2007年10月08日

『作者不詳  ミステリ作家の読む本』 三津田信三

作者不詳―ミステリ作家の読む本 (講談社ノベルス)作者不詳―ミステリ作家の読む本

ミステリー+ホラー=?
怪奇幻想? サスペンス? 
本の中に潜む謎は何なのか。

『迷宮草子』という作者不詳の、
短編7作が載っているミステリ同人誌。
それを読んだ主人公に怪奇が襲ってくるという話。

ほとんどのページを、その短編7作が締めていて、
どれもちょっと一筋縄でいかない、ミステリー。

読んでないのだけど、たぶん同作者の『ホラー作家の棲む家』が、
この前作にあたるのだと思う。
そこに、この主人公の友人の飛鳥信一郎という人物がいるなら、
またちょっと、この本の趣が変わってくるのだと思うけど、
それがわからないので、一般的なミステリーでなく、
怪奇幻想な話なのかなと感じた。

結局どうだったのかと、曖昧にぼかされて、
そもそも何だったのかと、読み終えて感じた。
最初から、最後まで、徹頭徹尾に謎だらけ。
それぞれ個々の内容には、答えが一応用意されてる。
でも、その一部は明確かどうかわからないが見えているのに、
全体像が見えてこない。
パズルが埋まらない。
大きな絵が、頭の中に描けなくて五里霧中になってしまう。
一言で言うなら、ミステリーとしか言いようがない。
でも、実のところミステリーといえる謎は、
『迷宮草子』の内容を除いたら、何一つないかもしれない。

この作者の本は『厭魅の如き憑くもの』を読んだことがあるが、
それと似たような、気分。
それじゃあ……今までのものは何だったのかと。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59484907

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。