2007年08月21日

『イレギュラー』 三羽省吾

イレギュラー  イレギュラー

夏だ! 熱いぜ! 高校野球!
今、こうしてパソコンに向かってカタカタやってる人もいれば、
炎天下の中野球をやってる人もいるわけです。
常葉菊川と広陵の試合を見ながら、書いています。
僕としては、常葉菊川を応援してるのだけど、負けている……
この本も、常葉菊川が見える場所というか、
すぐ隣にある図書館で読んだので。
地元民まるだしの、愛で応援しています。

さあ、本の話。『厭世フレーバー』の作者なので、
ちょっと変わった話かと思えば、真っ向勝負の青春野球ストーリー。
これには、ちょっと驚いた。
少年漫画にありそうな、ストレートな話だったので。
そう、まさに熱闘甲子園の今の時期にぴったりな小説。

でも、タイトルは「イレギュラ−」
すんなりいくわけがない。いってたまるかったって、
作者が思いながら書いている話だとも思えた。

主人公の高校は、村にある小さな高校で弱小。
しかもメンバーはぎりぎり。選手も監督もやる気もなし。
マネージャーが一番やる気があるという。
さらには、最近自分の村が水害にあい、野球どころではない。
練習しようにも、場所もない。
おいおい!?大丈夫か?となるのだが、
素質は全国レベル、態度ならメジャーレベル。
という、まさに漫画な主人公と、
多くの「イレギュラー」に見舞われながら、
野球少年たちが、真剣に野球に取り組む。

これは野球の小説だが、勝ち負けうんぬんの試合より、
野球を通じての、交流や成長を描いていく。
他校の真剣に野球に取り組んでいる選手との交流、
水害で苦しむ、同じ村民との交流。
野球を通じて、何かを訴えかけてくる。
野球で、ダメダメ野球部が熱くなっていく。
イレギュラーな出来事が、人の交流と成長を促し、
読む僕には、考えさせられることもあるし、熱くもさせられた。
posted by kakasi at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 作家別 「ま行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52177937

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。