2005年06月10日

もう夢物語じゃない『Jドリーム』

『Jドリーム』塀内夏子

Jドリーム飛翔編 (1)

Jドリーム3部作の2部にあたるユース編が画像です。ワールドユースです。
そして実際のワールドユースもいよいよ開幕。
とりあえずブログ書き終えて、タイガー&ドラゴン見たら寝ます。
日本vsオランダに備えて。

この漫画は、選手一人一人の思いが見所ですね。
感情を表に出す者も内に秘めるものも。
とりわけ、キーパーがいいです。
松永成立物語とか、最高です。これは、文庫版にも収録されてます。


プレーとかより、サッカーを通じての選手の気持ちに
比重が置かれてると思います。
そして、それがこの漫画の良さだと僕は思います。
キャプテン翼が、サッカーのプレー、ゲームを楽しむ漫画、だとしたら、
これは、ある意味逆の漫画かもしれませんね。
もちろんキャプテン翼でも選手の思いは重要ですが。


とりわけ弱い立場の人間、ユース編で言うと中居は貴重な人物ですね。
ユース編で彼はある意味、主人公かもしれません。
ゴミではなく、笑われ者ではなく、パシリでもなく、
一人のサッカー選手として! 生きていきたくて…!!

赤星という主人公(レッズ所属だけど、本物の赤星とは関係ないよ)
が基本的に、みんなを引っ張って行くのが、Jドリームの基本的な物語。
赤星は、W杯へ日本を連れて行く渡り鳥という表現があったんだけど、
もう、漫画の赤星はいない。夢物語(漫画)は、終わったんだ。
でも、こんな夢物語のようなものもいいよね、やっぱり。
現実と違うからの、楽しみがある。漫画だからこその。
でも、事実は小説より奇なり。
実際のサッカーもドラマティック!

それにしても、ユースはみんな若いからいいよね。
これがA代表へと繋がるのだろうね。
がんばれ、日本ユース!世界を飛び越えろ!
posted by kakasi at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4268702

この記事へのトラックバック