2005年06月03日

『夏への扉』 ロバート・A・ハインライン

夏への扉 ="夏への扉


海外のSF小説って、取っつきにくいって人におすすめ。
ちょうどこの本を読んだころ夏だった。
あの頃は、自分自身どこへ向かうか迷っていた時期だった。
今も、どこへ自分は向かうべきか迷ってはいるが、
前より、自分が出来ることを、出来ないことでも挑戦したりしてる。
つまり今でも僕は、夏への扉を探しているのだ。
夏へと続く扉、幸せへの扉は、誰にでも開かれるものかもしれないが、
探し当てるのは、難しい。
これは、その夏への扉を探し当てた、一人の男の話だ。
ちなみに、彼の愛猫ピートは、今もそれを探しているよう。


タイムトラベル、コールドスリープ、
SFの定番ともいえる要素は、詰め込んである。
かなり古い小説で、1957年の作品。
でも、古いか新しいかなんて関係ない。
おもしろいものは、おもしろいのだ。
読書好きなら読んでおいて良い作品だろう。
もちろん普段本を読まない人でも、読んでみて欲しい。


役者のあとがきの一文
SFの傑作とは、虚構の世界に読者をひきずりこんで
虚構の世界に馴れ親しませ、
牢固としてぬきがたいこの世の常識主義に、
一撃をくわえるものだろう

この小説の世界にまちがいなく、僕はひきずりこまれた。
近未来小説だが、2000年が未来としてある。
この小説を書いたときは、2000年は未来だったが、
もう現代から見れば、2000年だって過去の話だ。
この小説の2000年は、作者の空想した2000年。
お手伝いロボットが、普通に出回っている科学の発達した世界。
SFの世界。
この世界に浸ってみませんか?
僕はこの本が、とてつもなく愛おしく、大切に思います。

posted by kakasi at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(3) | 以前読んだおすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4112660

この記事へのトラックバック

読み終わった本
Excerpt: 夏への扉ロバート・A・ハインライン, 福島 正実 / 早川書房(1979/05)Amazonランキング:7,207位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by..
Weblog: ほぅほぅじょせつ
Tracked: 2005-06-04 21:38

夏への扉
Excerpt: 夏への扉 信頼する友人に裏切られ、最愛の恋人にまで欺かれる。 信じることが出来るのは飼っている牡猫だけになってしまった。 真冬のような感情に埋もれ町をさまよっていた主人公の目にふと飛び込む「..
Weblog: 誰が為の警鐘【Blog】
Tracked: 2005-06-07 02:09

Robert A.Heinlein (ロバート・A.ハインライン)
Excerpt: ■The Door into Summer:夏への扉 (1957) 夏への扉ロバート・A・ハインライン 早川書房 1979-05 ジュブナイルから本格SFまで。1950年代、60年代のアメリカのSF..
Weblog: OOH LA LA - my favorite songs
Tracked: 2007-01-25 15:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。