2007年03月18日

『新釈 走れメロス 他四篇』 森見登美彦

新釈 走れメロス 他四篇新釈 走れメロス 他四篇

○読んだことのある作品
△あらすじくらいは知っている作品
×ほぼ知らない作品


○『三月記』中島敦
×『藪の中』芥川龍之介
○『走れメロス』太宰治
△『桜の森の満開の下』坂口安吾
×『百物語』森鴎外

これらの作品を森見さんらしく、
現代の京都を舞台にリメイクしたのが今作品。
リメイクというより、もはやパロディともいえなくもないが
知っている作品の新釈では、
やはり原作を下敷きにしていると感じられた。
というか、そうでないと新釈ではないのだけど。
でも、知らない作品でも、とても楽しめた。

どれも有名作家の原作のあるもので、
上記の原作の、さらに原典もあるものも存在しているのだけど、
それらを、まさに自分色に染めたといえるような話だった。
『太陽の塔』『夜は短し歩けよ乙女』のような暴走話もあれば
『きつねのはなし』のような幻想的で怪異な話もあり、
バラエティに富んだ作品集。
それぞれの短編に出てくる人物が、他の短編にも出てきたり、
森見さんが、過去に出した作品に関連する記述もあったりして、
森見登美彦の小宇宙体系といえるような作品だった。
posted by kakasi at 14:50 | Comment(4) | TrackBack(4) | 読書 「森見登美彦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
先日はトラバのみで失礼しました。
森見さんらしい味わいの短編集でしたね。
バリエーション豊かで、とっても楽しめました。
これからも森見さんの作品、楽しみですね。
Posted by 藍色 at 2007年04月04日 03:57
藍色さん、こんばんは。
本当に森見さんらしい、作品でしたね。
まだ、数作品しか森見さんの本は、読んだことがないのですが、
そう感じられるほど、個性的ですね森見さんの作品は。
Posted by kakasi at 2007年04月05日 00:20
こんにちは^^
TBさせていただきました。
森見さんの作品は初読でした。
実際に読んだ事があるのが「山月記」と「走れメロス」だけだったので、原作を読んで、もう1度読み直したいなぁと思いましたね。
「走れメロス」のぶっとびようは凄まじかったです^^;
Posted by 苗坊 at 2007年08月05日 16:17
こんばんは、苗坊さん。
走れメロスのぶっとびようが、なんとか耐えられるなら、
森見さんの、他の作品も良いかもしれませんよ。
色々、ぶっとんでるもの書いてます。

Posted by kakasi at 2007年08月06日 23:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36270238

この記事へのトラックバック

「新釈 走れメロス 他四篇」森見登美彦
Excerpt: 新釈 走れメロス 他四篇森見 登美彦 (2007/03/13)祥伝社 この商品の詳細を見る 近代文学を森見風に独特の文体でアレンジ。 そして場所は京都の街。 時代も現代で、出てくる人物はやっぱり..
Weblog: しんちゃんの買い物帳
Tracked: 2007-03-18 18:47

新釈走れメロス他四篇 森見登美彦
Excerpt: 装幀はchutte。装画は山本祐布子。 「小説NON」2005年10月号から2007年3月号まで不定期掲載をまとめた短編集。 ・山月記・原作中島敦(既読) 孤高の大学生、斎藤秀太郎が大文..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2007-04-04 03:19

【新訳】走れメロス 森見登美彦
Excerpt: 新釈 走れメロス 他四篇 ■やぎっちょ書評 森見登美彦さんの月。で、発送が一番早かった、そして最近出版されたこの本を読んでみる。正直文学は大の苦手だが果たしてだいじょうぶか!? 「走れメロス」他..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2007-04-06 19:01

〈新釈〉走れメロス 他四篇 森見登美彦
Excerpt: あの名作が、京の都に甦る!?暴走する恋と友情――若き文士・森見登美彦の近代文学リミックス集! その時、彼の腕を通りすがりの女性が必死で掴み、「ちょっとすいません!」と叫んだ。..
Weblog: 苗坊の読書日記
Tracked: 2007-08-05 16:14