2005年05月13日

『アヒルと鴨のコインロッカー』 伊坂幸太郎

アヒルと鴨のコインロッカー アヒルと鴨のコインロッカー

小説ってこんなにおもしろくて、読みやすいんだって感動した。
大学の受験の時、勉強するのがあきるので、
タイトルに引かれ暇つぶしに買った
『オーデュボンの祈り』を買って、伊坂さんのファンになった。


伊坂さんの本の中でも、この本は、一番好き。
この作者の作品は、『重力ピエロ』が一番好きかなと思ってたけど、
この作品はそれを超えた。ほれ込んだ。
ラストで色んなことが一つに纏まっていく過程がすばらしかった。
一言言わせてもらうと騙された!
もし、僕のこの一言が、彼に届いたらきっとこういうだろう「ソウデスネ」


最初の設定が微妙に感じだったけど、
好きな作家なので買って正解だった。
本屋を襲うという変な最初の設定を、ここまで持ち上げるなんて…。
この本の簡単な説明だけで、つまんなそうと思ったそこの人!
騙されたと思って読んでみて、読むことをおすすめしますよ。
こんな展開に行くなんて、最初の設定からは、想像もつかない。
ミステリーだけど、ファンタジーで純文学なこの作者の作品。
謎解きよりも、物語と洒落た会話の楽しさを、僕は存分に楽しめた。

ボブ・ディランはまだ鳴っているんだろうか?

コインロッカーから、神様の歌声が聞こえたら、
きっとそれは、彼らの仕業だ。

posted by kakasi at 18:10 | Comment(2) | TrackBack(3) | 以前読んだおすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ぱんどら日記」へお越しいただきありがとうございます♪

あの〜……「チルドレン」ドラマ化って本当ですか?

私は「砂漠」ドラマ化の妄想をふくらませてたんですけどもね(笑)
Posted by ぱんどら at 2006年04月21日 09:07
チルドレンはwowwowでドラマ化するとちょっと前に聞きましたよ。
坂口憲二が主演みたいです。
Posted by kakasi at 2006年04月21日 17:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

長編、短編、超短編、詩文、コラムのサイト。
Excerpt: ネットで読める長編、短編、超短編、詩文、コラムのサイトです。 七月に上梓する本「ノーベンバーレイン」の情報も載っております。 http://www.kubolion.com/ 読みやすいものがそろって..
Weblog: おもしろい本/おもしろい小説/おもしろいネット小説weblog(ブログ)
Tracked: 2005-05-13 19:21

「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎
Excerpt: 【現在】 ・法学部の大学生になったばかりの椎名という名の男子学生。 ・その隣に住む、まるで悪魔のような長身の美青年、河崎。 【二年前】 ・ペットショップで働く明るく正義感の強い琴美..
Weblog: 雑板屋
Tracked: 2005-05-18 07:29

映画【アヒルと鴨のコインロッカー】、仙台ロケ開始!
Excerpt: 「仙台在住の作家・伊坂幸太郎の小説【アヒルと鴨のコインロッカー】を原作とする映画の撮影が、仙台で始まった」 という話を、仙台放送ニュースで知った。 伊坂幸太郎【アヒルと鴨の..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-04-19 11:18

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。