2007年02月02日

『涼宮ハルヒの憤慨』 谷川流

涼宮ハルヒの憤慨 涼宮ハルヒの憤慨

ようやく、最新刊まで追いついたけど、
まったく話は進展していない。
いや、これでいいのさ。
そこに向かうまでの行程を楽しめばいいのだ。
と、自分を納得させています。
それが、健全な楽しみ方というものだよね?

だいぶ僕も、この破天荒な物語に慣れてきたようで
ありのままに、話を受け入れられる。
この世には不思議なことなど何もないのだよ。
と、京極氏のアノ言葉が脳裏によぎる。
事実だけを受け入れれば、何も不思議などない。
ただ、この物語の場合、事実がぶっ飛んでるだけに、
なかなか主人公の境地まで行くには大変だ。

でも、人は心の深いところで謎を求めている。
もし、それがやってきた場合。
まあ、楽しければいいじゃん。
そんな風に割り切れる心が欲しい。
そして、そんな日常をどこかで求めている。

posted by kakasi at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 作家別 「た行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32686154

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。