2007年01月18日

『幸福な食卓』 瀬尾まいこ

幸福な食卓 幸福な食卓

毎朝、家族一緒に食卓で朝食を食べる。
そんな幸せそうな家庭は、もう今の日本ではあまり多くないと思う。
だけど、毎朝一緒じゃなくても、
家族はしっかり成立していて、幸せそうな家族は存在しているんだろう。

いつも、朝食を家族で食べる、この主人公の家庭。
しかも、それが強制というわけではなさそう。傍目では、幸せそうだ。
だけど、「父さんは今日で父さんをやめようと思う」
ショッキングな一言から、物語は始まっている。
しかも、その父は、昔自殺を試みており、母は家を出ている。
家族は、壊れている。
それでも、成り立っている。
家族は、そうめったに消滅はしない。
どんなに辛いことがあっても、また朝が当たり前のようにやってくるよう、
簡単に切れたりするものでもない。
別れても、壊れていても、家族だと教えてくれる。

この物語の家族は、多くのことを抱えている。
一見、一番悩みもなさそうな兄も。
主人公の少女、佐和子も。
彼女は、物語を通じて、多くの幸せと悲しみを抱えていく。
辛い別れも、経験していく。
それでも、家族だけは、例えバラバラでもそこに居てくれている。
大事だってことは知っておかないとやばいと思う。
家族に関して、兄の恋人はこう、佐和子に言う。
どういう家庭であれ、家族であった、家族であるということは、
わかっていて欲しいという、願いにも似た言葉だと思った。
優しくても、悲しい、ビターでスイートで
切なくとも、幸福に向かってくれるような
余韻を残してくるような話だった。
posted by kakasi at 16:14 | Comment(4) | TrackBack(1) | 読書 作家別 「さ行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ^^
コメントありがとうございました。
瀬尾さんの作品の中でも、1番人気の作品らしいですね。
それも分かる気がします。
家族を通して、たくさんのことを訴えているような気がします。
お母さんもお父さんも直ちゃんも、そして佐和子も心に病気を抱えていて。
それを和らげるのもやっぱり家族なんですよね。
ヨシコさんの存在も良かったですね。
最初は嫌いでしたけど、良い事いうなぁと思いました。
Posted by 苗坊 at 2007年01月18日 21:03
苗坊さん、こんばんは。
いつか、この家族の幸福な食卓の風景が戻ってくるといいなぁって思いました。
瀬尾さんは、これで2冊目です。
前読んだ『図書館の神様』も、この本も、とてもお気に入りになったので、他の本も読んでみたいです。
Posted by kakasi at 2007年01月19日 01:09
kakasiさん。こんにちは。
とても面白そうな本ですね。
瀬尾まいこさんの作品は薦められた事が
あるのですが、まだ読んだ事がありません。
でもkakasiさんの感想を読む限り、とても
面白そう!!
手持ちの未読本が片付いたら是非読みたいです。
Posted by MinMin at 2007年01月19日 11:21
MinMinさん、こんばんは。
瀬尾さんの作品は、実は今月になり初めて読んだのです。
おもしろいということもありますが、何か大切なことを教えてくれるような話でした。
満足できた!というより、少し物足りなくとも、それが逆に話に良い余韻を残して、この何かが欠けている家族を表せれたんじゃないかなって思ってます。
Posted by kakasi at 2007年01月19日 22:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

幸福な食卓 瀬尾まいこ
Excerpt: 幸福な食卓 オススメ! 突然、父さんが父さんを辞めると宣言をした。 ついでに仕事も辞めるという。 順応性の高い6つ上の兄、直ちゃんは、素直に受け止めているけれど、私は素直に認められない。 家..
Weblog: 苗坊の読書日記
Tracked: 2007-01-18 20:59