2007年01月11日

『図書館の神様』 瀬尾まいこ

図書館の神様 図書館の神様

最近、自分の青春なんて終わってるのかな〜って暗くなる時があった。
永久に続くと思ったなんてことは、無いって無駄に悟ったり
毎日が慌しく動いていくだけで、後に今を思うと、
ただ、そこにあっただけの日常としか思えないんだろうか。

この話の主人公の清は、元はバレーに青春を賭けていたような人物で
今は教師になり、やりたくもない文芸部の顧問。
部員は垣内君一人。
そこから、物語は再生への一歩を踏み出していく。

僕は、小、中と今では考えられないくらい色黒で
外で遊んだり、スポーツばかりのある意味健全な少年だった。
今では、運動はそこそこするくらいで、ブログを見てのとおり
当時では、考えられないくらい読書をして映画を観たりしている。
すっかり、肌の色も白くなってしまった。
読書は楽しいし、映画も楽しい。
これが悪いことだと、少しも悪いことだと思わないけど
果たして、当時より青春と呼べるものかどうかわからない。
これでいいのかなって、思うことがある。

だけど、昔だってそのひと時を青春だなんて、
これっぽちも思わなかった。
過ぎ去りし日を思うと青春だと今感じる。
これはパクリだけど、誰にだって語るべき物語ぐらいある。
誰かと出会い、泣いたり、笑ったり、好きになったり……
何かをしてみたいと感じること、
つまらないと感じること、楽しいと感じること。

図書館で織り成される、文芸部の活動。
目立ったことはなくても、微かでも、確かに行われた心の交流。
本を通しての、文学というものを媒介とした時間のはぐくみ。
コレって青春なんじゃないと二人が感じた時の思いは、
確かに再生という二文字を感じさせ、温かい気持ちになった。
そして、本を読むことの素晴らしさと、
全然おかしいことじゃないよと、改めて教えてくれた気がした。

そして今、僕が本を読んでいるこの時間を青春なんだと思わせてくれる、
今までにない驚きと、喜びをくれた、僕にとっても再生の話だった。
posted by kakasi at 13:28 | Comment(4) | TrackBack(1) | 読書 作家別 「さ行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ^^
この作品は、まずタイトルで選びましたね^^;
垣内くん、好きです。
物事に対して冷静ですよね。
過去に何か辛い事でも経験したのかしらって思うくらい^^;
この作品は、本を読む人にとってはたまらない作品でしたね。
垣内くんと拓実くんから、人として大切な事を学んだ気がします^^
Posted by 苗坊 at 2007年01月11日 21:11
苗坊さん、こんばんわ。
ホントに本を読む人にとって、すごいうれしい作品だと思ってます。
新しい何か価値観のようなものが、自分の中に生まれたような気がしました。
Posted by kakasi at 2007年01月12日 23:56
こんばんわ。
明けましておめでとうございます。

記事とは関係がありませんが、Jarvis cockerがソロアルバムを出しますね。

最近、ミューズの3rdを聴いてます。
Posted by penny-lane at 2007年01月13日 20:46
penny-laneさん、こんばんわ。
そして、あけましておめでとうございます。
お久しぶりですね〜

Jarvis cockerというと、Pulpですかね〜。
ミューズは、好きですよ。友達にミューズ好きがいて影響受けました。

音楽関係ですと、僕は来月JETというバンドのライブ行ってきますよ。

Posted by kakasi at 2007年01月14日 21:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

図書館の神様 瀬尾まいこ
Excerpt: 図書館の神様 早川清は学生時代、ずっとバレーボールに打ち込んでいた。 中学で3年間続けており、高校でもずっと打ち込んでいた。 ずっと、自分のやり方は正しいと思っていた。 厳しいことを言って..
Weblog: 苗坊の読書日記
Tracked: 2007-01-11 20:57

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。