2006年09月08日

「親指さがし」

ホラー映画が好きです。怖いもの大好きです。
だけど、大体見終わってブルブル震えて見なきゃよかったって
毎回思うけど、この頃それも改善されたかな〜と勘違いしてきたので
レイトショーで見てきて、真夜中に車を走らせて帰ってきました。
まあ、昨日の話ですが。

今回のホラーの恐怖を今日まで持ち越さなかったのは、
一人で観にいったわけじゃないことと
映画の内容からかなと思う。

確かにホラーだけど、どっちかというと人間ドラマだった。
ホラー風の人間ドラマといったものだろうか。
映画は、人間の内面を描いたものだった。
それは、とても恐ろしいもので狂気に走らせる。
人は誰でも、普段出さない闇を持っているだろう。
それが、何かのきっかけであふれ出てしまうことがある。
それは、現実でも十分にありえることだけに
恐ろしいと感じた。


ここからちょこっとネタバレ



最初に出演者のあいさつがあって、嬉しかったけど
正直、邪魔かなと思ってしまった。

原作読んでないので、どんな恐ろしいこと、
またはモノが出てくるのかと思ってたのに、
そんなのは、ないよとあっさり告げられてしまった。
おかげで、ラストが何となく予想ついてしまった。

でも、やっぱりおもしろかった。
親指さがしは、都市伝説のようなもので
僕はそういうものが、子どもの頃からずっと怖かった。
だけど、好きだった。
確証なんてないけど、噂でみんな知っていて
だから本当かもしれないと思ってしまっていた。

だけど、都市伝説とかも大体は、ある出来事や現象から
人間の空想によって作られたことがほとんどだと思う。
怖い話は、人によって語られ、改善され、世の中に広まった。
やっぱり一番怖いものは、人間の頭の中だと感じた。


それにしても三宅君は若く見えるね〜
20歳の役で出てたけど、違和感なかったよ。
僕もけっこうな童顔だけど、この人はホントに若く見えるな〜
posted by kakasi at 01:10 | Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBとコメントありがとうございました。
映画、予想以上に面白かったです^^
最初の挨拶、ファンとして私は嬉しかったですけど、確かにネタバレになっていましたね。気付かなかった。その映像も今日まで見たいですが。そう考えると得だったかなぁとも思ったり。

キャストの言うとおり、意外な結末に驚きました。
こう来たか〜〜〜と思いましたね、私は。
武の最後のシーンは特に切なくて、表情が上手いなぁと思いましたね。
5人の俳優さん、みんな良かったです。
三宅君若く見えますよね〜^^
変わらずに好きでいられるのは、あの変わらない顔にもあるのかもしれません^m^
Posted by 苗坊 at 2006年09月08日 10:26
苗坊さん、こんばんは。
そうですね、映画は予想以上におもしろかったです。
僕は、誰かのファンとかじゃなくてホラー見たかったからでした。予想より怖くなかったですけど、おもしろかったです。

原作も買ったので、これからそっちも読もうと思ってます。この作者の作品は初めてですけど楽しめそうです。
Posted by kakasi at 2006年09月08日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23425702

この記事へのトラックバック

親指さがし
Excerpt: 「由美ちゃんがいなくなったら、僕が必ず見つける。」 沢武は今年20歳になる。 生まれた町で、深夜のラジオ局に勤めている。 彼には、8年前からひとつの思いにとらわれている。..
Weblog: 苗坊の読書日記
Tracked: 2006-09-08 10:23

親指さがし 〜劇場にて〜
Excerpt:   親指さがし・・・評価 2.5   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ 8年前“親指さがし”というゲー..
Weblog: 三日月のしっぽ。
Tracked: 2007-08-11 09:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。