2006年08月04日

「ゲド戦記」

スタジオジブリの映画を観にいったのは
千と千尋以来だったりする。
宮崎駿が監督ではないけど、否が応にも期待しちゃった映画。
テルーの歌を素晴らしくよかったです。
ただ、そこばかり印象に残っているというのもどうかと。

僕は駿監督の映画だと、何故か心が暖かくなるので好き。
わかってはいるけど、そんなことを期待してしまった。
この点は僕の考えがいけないんだけど
やっぱり息子だというと、父の持っているものを求めてしまう。
良いところを探せば、けっこうあるけど
やはり父の偉大な背中が、大きすぎる。
みんな、父と息子は違うとわかっているけど
父、駿の顔が浮かんでしまうのはしかたないかもしれない。
原案、宮崎駿だったし。
今度はジブリ以外で勝負して欲しいかな〜と感じた。

映画自体は、なかなか楽しめた。
戦記というからには、バトル物をイメージしていた。
「ロード・オブ・ザ・リング」みたいな。
だけどそんなことなくやっぱり、ジブリ映画。
ちなみに、原作は読んだことはないです。
ただ、消化不良なとこが目立って、結局何だったんだ?と思った。
竜のこととか、父を殺した動機だったり、
その後、どう思っていたとか、ゲドや影、剣のこととか。
もうちょっと、知りたかった。
そういう謎とか、ほっといてもいい作品はあるだろうけど
この映画では、詳しいことを知っておきたかった。
ファンタジーだから不思議なことを、ほっといてもいいと思えなかった。

一生懸命作ったのだろうから、けなすことは嫌いだけど
あんまり満足は、いかなかった。

posted by kakasi at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック