2006年06月30日

『重力ピエロ』 伊坂幸太郎

重力ピエロ 重力ピエロ

気づいたら、文庫版が出ていたので
ムショウに重力ピエロのことを語りたくて記事にしちゃいました。
文庫は例のごとく、あとがきだけ立ち読みです。

なんだ、小説まだまだいけるじゃん!
って言葉が印象的だった、この本。
タイトルから推測できるかもしれないけど、
ゴダール関連けっこうあります。
それと、どことなくゴダール映画の雰囲気も。
世間では、村上春樹みたいと言われているようだけど、
そう言われると、そうだなっていう印象。

3人の家族が紡ぎだすTriangl。
こんな関係の家族が、微笑ましかった。
このバラバラの位置に立っているような父、兄、弟。
このトライアングルが、絶妙だなと感じた。
そういえば、トライアングルの頭文字もT。
そして、彼らの真ん中には母がいる。
春が二階から落ちてきた。

そこから物語は始まり、そして終わる。
ああ、そうか。
これは青春小説だったんだと、僕は、そう思った。
posted by kakasi at 01:39 | Comment(6) | TrackBack(3) | 以前読んだおすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
またまた失礼致します^^
この本大好きなんですよね。
文庫買おうかな〜単行は我慢できずに買ってしまったんです。
でも、文庫の方が、便利だな〜

青春小説・・・。確かにそうですね。
この兄弟はかっこいいです。
家族は遺伝子で結ばれてはいないですよね。
Posted by 苗坊 at 2006年06月30日 10:10
苗坊さん、こんばんは。
僕も単行は、持ってますよ。
文庫は、買うか迷いますね。
便利だけど、同じ内容の本を持ってるわけで……

遺伝子で結ばれてなくても、
この家族は、間違いなく家族だと思えますね。
Posted by kakasi at 2006年07月01日 01:23
遅ればせながらTBさせて頂きました♪
kakasiさんオススメみたいなので
伊坂幸太郎さんの他の本も読んでみます!
Posted by MinMin at 2006年11月04日 12:55
MinMinさんTBありがとうございます。
全然遅れたってOKですよ。

伊坂幸太郎さんの本は、けっこう今年映像化されてまして
「陽気なギャングが地球を回す」
「チルドレン」
「アヒルと鴨のコインロッカー」
なんかがあります。

文庫でも初期の作品が、2、3作出てますよ。
Posted by kakasi at 2006年11月04日 14:11
いきなりですいません。
私も、伊坂幸太郎さんの本が大好きで↑の本も読んだことがあります。
陽気なギャングなんかは、2も楽しめますよね。
Posted by みさき at 2007年02月19日 23:38
いきなりで、全然かまいませんよ、みさきさん。
伊坂さんも好きですか!
いや〜お仲間ですよ。僕もすごい好きです。
陽気なギャングの日常と襲撃も楽しいですね。

よろしければ、いつでもご気軽に、除いていってくださいね。
Posted by kakasi at 2007年02月20日 11:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20042951

この記事へのトラックバック

重力ピエロ 伊坂幸太郎
Excerpt: 重力ピエロ オススメ! 春が二階から落ちてきた。 泉水と春は兄弟だ。でも、半分しか血は繋がっていない。 でも、2人が一緒だと最強だった。 今は、泉水は遺伝子関係の会社の社員。 春は、橋..
Weblog: 苗坊の読書日記
Tracked: 2006-06-30 09:50

??????????????鋍????綛後お??
Excerpt: ...
Weblog: kazunobook
Tracked: 2006-07-01 20:16

『重力ピエロ』 by 伊坂幸太郎
Excerpt: 重力ピエロ作者: 伊坂 幸太郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2003/04メディア: 単行本 この著者の本を読むのはこれが初めてです。 本屋さんで平積みの棚からタイトルに引かれて..
Weblog: MinMin日和♪
Tracked: 2006-11-04 12:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。