2006年06月26日

『カカシの夏休み』 重松清

カカシの夏休み カカシの夏休み

この本は、読まなきゃダメでしょう。
kakasiという名前にかけて!!!

そういうわけで重松さんの本。
「カカシの夏休み」「ライオン先生」「未来」の3つのお話。


「カカシの夏休み」

故郷って、地元の友人って、何か特別なものと感じる。
そんな気持ちが、スゴイ現われていると思う。
でも、もちろん今だってスゴイ大切で、
それこそ最優先にしなければならない。
だけどいつだって、ふと思い浮かべてしまう。
ノスタルジーだね。
でも、ノスタルジーは禁止(笑)

でも、やっぱりノスタルジーなんだと思う。
夏休み自体、大人にとってノスタルジーなんじゃないかと思う。
少年時代の象徴が、夏休みで、
今の限られた「夏休み」を使い、あの頃に帰っていく。
帰る場所を、しっかりと見据えながらも。

それにしても、20歳にして、ノスタルジーにふける自分って、
もっと年取ったら、どうなっちゃうんだろ?


「ライオン先生」

アレですね。ドラマでやったやつ。
残念ながら、ドラマは見たことないのですが…

だけど、竹中直人が脳裏に浮かんできますよ。
めちゃめちゃハマリ役だったんじゃない?
学校は素晴らしい場所なんだぞって、
誰かが言わないと、言いつづけないと、
ほんとうにどうしようもなくなっちゃうような気がするんだ。

思い込みって大切だと思うけど、思い込みすぎるっていうの問題。
だけど、こういう思い込みなら、僕は大歓迎したい。
誰かが、青臭いこと言わないと、
それだけじゃダメだと考える人も出てこないし、その逆もしかり。
本気で、思っていてくれるか?
そんな先生が、あって欲しいと思った。


「未来」

たぶんこの3編の中で、一番と思い。
一番「死」と向かい合っている。
そしてなくなることはないだろう「いじめ」「自殺」
そこに、未来はあるんだろうか?

それこそ、生きるって素晴らしいって、
誰かが言いつづけないと、いけないんだと思う。
だけど残念ながら、生きていて苦しいことが、無いはずもない。
立ち向かっていかないといけない。
向かいあわないといけない。
いつまでも、逃げていてはいけないんだと思った。
戻りたいんじゃなくて、前に向かわないといけない。
ときどき振り返りながらも、今を大切にしないといけない。
それが未来に繋がっていく。
未来を向かえにいくための大切なことじゃないかと感じた。

それが、僕の3編を読んでの感想。



posted by kakasi at 11:57 | Comment(2) | TrackBack(1) | 読書 作家別 「さ行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
重松清の本なら「ナイフ」を呼んだ事があります。
今は吉本ばななの「哀しい予感」を読んでいます。

ところで、Oasisのオフィシャルで?「Who Put The Weight Of The World On My Shoulders」聴けましたか??

Posted by penny-lane at 2006年06月27日 21:19
oasisは聞けましたよ!
情報ありがとう。映画を思い出しますよ。
他にもかなり聞けますね。
オフィシャルで、こんなに聞けると思ってませんでしたよ。

Posted by kakasi at 2006年06月29日 00:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『カカシの夏休み』 重松清
Excerpt: 夏休みも、終わりに近づいてきましたが…。 って、もともと夏休みなんかありませんが。 この人の作品は、どうしてこうも、 鼻の奥がツーンとしてきちゃうんだろう。。。 泣かせよう、ってあ..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2006-08-24 18:52

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。