2006年05月30日

「ダ・ヴィンチ・コード」

やっぱり満員だった中、見てきました!
映画の「ダ・ヴィンチ・コード」
いろんな意味で重たい映画だった。
トム・ハンクスは眉間にしわをよせっぱなしだったし
オドレイは、ず〜といるけど脇役状態、ジャン・レノは目立たない!
それで2時間30の上映だから。

僕は原作読んだので、話を理解できたけど
読んでない人は、わけがわからないかもしれない。
ちなみに原作の感想です→ ダ・ヴィンチ・コード
特に日本人なら、キリスト教のこと詳しくないから。
でも、読んだら読んだで、映画に不満かもしれないけど。
今本を貸し出し中だから、確認できないけど
特にラストの方は、あんなんだったかな?

歴史の上を生きる。
そんな風に感じれるなら、壮大な話なんだろう。
それこそ自分の価値観を揺さぶられるほどの。
でも、正直どうでもいいという人も多いと思う。

僕は、どうでもいいってわけではないが、宗教には関心がない。
でも、歴史は重んじている……と思いたい。
過去の歴史を調べることや空想することは、好きであるし、
真実が何なのかを見極めたいとも思うことだってある。
でも、いまさら遥か過去の真実を暴くことは難しい。
あらゆるこじ付けができるし、あらゆる嘘でも固められる。
でも、それを見つけるのもロマンかなと思ったりする。

まあ、つまり僕はストーリーより、
過去の謎を解いていくというところが好きって話です。
でも、映画なんだからもうちょっと、
他のところにも力を入れて欲しかったと思う。
posted by kakasi at 11:55 | Comment(1) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kakasiさん、はじめまして。
JOBLOG(ジョブログ)事務局の高橋と申します。
初めての書き込み失礼いたします。

今回は、kakasiさんのブログに、ぜひJOBLOGに
参加していただきたくコメントさせていただきました。

JOBLOGは、ブログから企業の求人情報を発信し
ブロガーさんには掲載していただくだけで報酬を
お支払いする、というシステムです。
ブログが人材と企業を結ぶ架け橋になる
今までにはないタイプの求人情報メディアです。

誠に勝手ではございますが、ご参加いただければ幸いです。
もしご興味がございましたら、詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.joblog.jp/blogger/

突然の書き込み、大変申し訳ございません。
お邪魔でしたら削除していただければと思います。

どうぞよろしくお願いします!
Posted by 高橋 at 2006年05月30日 15:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18588804

この記事へのトラックバック

奥三紀のOver30s #007
Excerpt: 【『ダ・ヴィンチ・コード』公開記念】「パリ・ルーヴル美術館の秘密」ルーブル美術館の舞台裏に始めて映画のカメラが入った!
Weblog: 奥三紀のOver30s
Tracked: 2006-05-31 01:06

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。