2006年05月24日

「街〜運命の交差点〜」

PS one Books 街~運命の交差点~ サウンドノベル・エボリューション3 街~運命の交差点~ サウンドノベル・エボリューション3

ここのブログをよく読んでいる人がもしいたならば、
僕が群像劇が好きなことを知っているかもしれない。
僕は、群像劇が好きだ。
群像劇といえば、マグノリアや、漫画の人間交差点。
そして最近では、伊坂作品や、有頂天ホテルもそうだった。
マグノリアは、あんまり好きじゃないけど。

そんな群像劇を好きになるきっかけを作ったのが、このゲーム。
それ以降、群像劇を見ると、人間が愛しくさえ思える。 
全てがバラバラな人物たちが、織り成す一つのドラマ。

個人的にこれ以上の群像ドラマは無いとさえ思える。
ゲームだからこそできる。
ゲームだからと侮ってはいけない。
若かりし時の、窪塚洋介、北陽の伊藤さおり、ダンカンなんかも出ている。

主人公は8人とあるけど、主人公は8人じゃない。
あえて言うなら、舞台となる渋谷の街こそが主人公かもしれない。
このゲームをやると、そこに生きる一人一人が、
主役として生きていることを自覚できる。
共通していることは、その街で生きているということ。
舞台の渋谷の街は、主役の場であり、媒体でもある。

最近PSPでリメイクされたので、久しぶりにこのゲームを思い出した。
リメイク版もやりたいけど、PSPは持っていないので断念。
ストーリーとしては、世にも奇妙な物語風なものが多い。
泣かせる話や、コメディ、恋愛も揃っている。

忘れられないゲーム。
だけど、忘れたいゲーム。
忘れられれば、もう一度真っ白な状態で楽しめるから。
チンチコーレが忘れられない。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18322127

この記事へのトラックバック