2006年05月20日

『陽気なギャングの日常と襲撃』 伊坂幸太郎

陽気なギャングの日常と襲撃 陽気なギャングの日常と襲撃
知的で小粋で贅沢なギャングワールド増殖中
この本の前作、『陽気なギャングが地球を回す』は、
映画となって、ただいま絶賛上映中。
4人のギャングが、あーだ、こーだ言いながら
やっぱり事件に巻き込まれていく。
相変わらず、ロマンを探しているようだ。

読んでて、こういう話だったよな〜と前作を思い出す。
今回は、前作以上に響野が道化を演じていて笑える。
会話でも、行動でも、彼の行動は、一味も二味も違う。
道化師は、笑わせてくれなくちゃ。

そして、映画を見たからか、読みながら
映画の俳優陣がスムーズに、頭の中でイメージされる。
だから、自分でこんな感じなんだろうなと、
イメージしながら読むのが、とても楽しかった。
もちろん話事体も、おもしろい。
もう、この人が小説を書くなら、
つまらないことでも何かに繋がっていると思った方がいいかもしれない。
会話も絶品です。
カッコイイ言葉もいいけど、笑える言葉もいい感じだった

今作はもちろん、そのまま読んでもおもしろい。
でも、やっぱり前作も読んだ方が、ずっとおもしろいと思う。
映画だけ見たという人も、
「地球を回す」の小説版を読んでから挑むべき作品。
もちろん、今作から入っても、おもしろいと思いますが。

熱くもないし、冷めているわけでもない。
こういう、ぬるめの感覚がとても好き。
posted by kakasi at 11:35 | Comment(2) | TrackBack(6) | 読書 「伊坂幸太郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
は・・はじめまして・・!
コメント初めてできんしょーします・・っ!
Posted by ☆aine☆ at 2006年05月20日 21:44
どうも、はじめまして。
コメントなんて普段の会話と同じ感じで大丈夫ですよ。ここでは。
また、見に来てください!
Posted by kakaso at 2006年05月20日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18113985

この記事へのトラックバック

陽気なギャングの日常と襲撃/伊坂幸太郎
Excerpt:  人間嘘発見器・成瀬が遭遇した刃物男騒動、演説の達人・響野は「幻の女」を探し、正確無比な“体内時計”の持ち主・雪子は謎の招待券の真意を追う。そして天才スリの久遠は殴打される中年男に―― 史上最強..
Weblog: Crescent Moon
Tracked: 2006-05-20 16:43

陽気なギャングの日常と襲撃
Excerpt: 「陽気なギャングの日常と襲撃」読みましたこれ、やっっぱり大好きだなー(^o^)響野の無駄話とかそれだけで最高なのに、最後にそれさえも伏線として効いてくるなんてねぇ伊坂幸太郎、いま一番好きな作家ですネこ..
Weblog: Life Uncommon
Tracked: 2006-05-20 20:36

「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎/著
Excerpt:  「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎/著読みました。  明日5月13日はシリーズ第1作の「陽気なギャングが地球を回す」の映画の公開日です。  もともとは別に書いた短編だったのものを大幅な加筆..
Weblog: スチャラカランナーの日々
Tracked: 2006-05-21 14:04

陽気なギャングの日常と襲撃
Excerpt: 陽気なギャングの日常と襲撃
Weblog: AML Amazon Link
Tracked: 2006-05-22 01:25

陽気なギャングの日常と襲撃 伊坂幸太郎
Excerpt: 陽気なギャングの日常と襲撃 ■やぎっちょ評価コメント 映画「陽気なギャングが地球を回す」を見た帰り、ブック1stでこの本を発見&購入。 ブロガーさんたちのコメントを見ていると、映画は小説を忠実に..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2006-05-25 15:26

陽気なギャングの日常と襲撃 伊坂幸太郎
Excerpt: 装幀、カバー写真、カバーモデルは前作と同じ。「小説NON」2004年5月号から2005年6月号の不定期掲載した四短編を長編の第一章として大幅に改稿、第二章以下は書き下ろし。映画化された「陽気なギャ..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2007-07-13 02:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。