2006年04月13日

『オルフェの方舟―ブギーポップ・イントレランス 』 上遠野浩平

オルフェの方舟―ブギーポップ・イントレランスオルフェの方舟―ブギーポップ・イントレランス

久しぶりにライトノベル読みましたよ。
基本的に小難しい本以外は、ブログの記事にしていたので
過去ログ見たら、前回読んだライトノベルは、
ブギーポップシリーズの外伝にあたる、ビートのディシプリン。
結局、これしか読んでないじゃんって話。まあいいじゃん。

しっかし自分の感性が変化したせいか、京極夏彦なんかを読んだせいか
いまいち物足りない。
まあ、京極さんは例外中の例外ですが。
今まで(ここ数作では感じてないけど)の感慨深い読了感がない。
そういう意味では、過去シリーズで言うと、パンドラ、ペッパーミント、
ハートレス・レッド、ホーリィ&ゴーストなんかは好き。

前回までに膨大な複線を、一年ぶりのシリーズ新作なのに
一つもと言ったら大げさかもしれないが、全く消化してない。
物語も原点回帰とか言われたりもするけど、とりわけ面白みがない。
でも、好きだからこその暴言で、まだまだ期待しております。

あとがきは、なかなかおもしろかった。
そんなこと言ったら、
本当は、私は小説の方を読んでもらいたかったんだがね…
と言われそうなので、こっちの感想は割愛。

方舟は、ただ流れさるのみ。
なんだか物語の流れに乗れず、ただ方舟を見守っているというか
取り残された動物たちのよう
そんな気分。


posted by kakasi at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 作家別 「か行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック