2006年04月11日

『終末のフール』 伊坂幸太郎

終末のフール 終末のフール
世界が終わる前の、叫びとため息。8つの物語。

群像劇が好きです。
Aの行動でBの行動が決まってしまったり、
Cがそのとばっちりの影響を受けたり。
8つの短編は、そこまでの影響を受けあうものでないけれど、
確実にそれぞれの人物が影響を受けあっているものがある。
「生きる」
前向きな人物も、臆病な人物も、絶望に打ちひしがれた人物も。

8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡すると発表された5年後。
仙台のあるマンションに住む人々の8つの生き方。
世界滅亡といえば、ありふれたテーマ。
そんなありふれたテーマだけど、一番人間の本質が見えるテーマだと思う。
明日世界が滅びるとしても 今日、君はりんごの木を植える

開高 健という人は、この言葉を好んで使った。
マルティン・ルターという人の言葉だ。
もっともルターは、「君」でなく「私」としたらしいけど。
とにかく、そういうことだ。
この物語は、そういう話なんだと思う。
ただ、その一言で済ましてしまうなら世にありふれてしまっている。
だから、小説っておもしろくて奥が深い。 

『ダ・ヴインチ』で伊坂さんは、
世界が終わるとしても小説を書くでしょうね
と語っていた。
僕も世界が終わるとしても、おもしろい本を読みたいものだ。
冬眠のガールの美智ほど読もうとは、思わないけど。
絶望ってものは、自分に何も生まないと思う。
じたばたして、足掻いて、もがいて。
生き残るってそういうのだよ、きっとさ

『終末のフール』のラストにこんなセリフが、あった。
本当の意味で強い人たちは、そうやって生きていくのかもしれない。
あの空が落ちてくるその日まで。
posted by kakasi at 23:49 | Comment(4) | TrackBack(7) | 読書 「伊坂幸太郎」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
「一番人間の本質が見えるテーマ」を伊坂幸太郎らしく描いてたと思います。
で、自分自身の生き方を考えてみる〜そんな作品でした。
世界が終わるとしても本を読んでいたいに同感です!
Posted by エビノート at 2006年04月12日 14:05
エビノートさん、コメントありがとうございます。
自分自身の生き方を考えるって、すごい大切だけど難しいですよね。
しかも、この本では制限時間つきだなんて。
進路で「太陽のシール」の富士夫君並に、決断できない自分には、きっついですよ。
Posted by kakasi at 2006年04月12日 19:43
はじめまして。
エビノートさんのブログから参りました。
苗坊と申します。
TBさせていただいたのですが、反映されていますでしょうか^^;
伊坂作品大好きなんです。
この作品も想像以上でしたね。大満足でした。
私も富士夫君並みに悩みます。
苗場やニノ宮や、渡部じーちゃんが羨ましいですね。
Posted by 苗坊 at 2006年05月28日 15:04
苗坊さん、こちらこそはじめまして。
TBは反映されてますよ!
最近は、seesaaのブログもTBが反映されないことが多くて……
僕も伊坂作品好きですよ!
ハードカバーでも、まったく気にせず買ってしまう作家さんです。
終末のフールも満足な作品で、よかったです。
Posted by kakasi at 2006年05月28日 21:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16443898

この記事へのトラックバック

終末のフール 〔伊坂幸太郎〕
Excerpt: 「あと3年で世界が終わるなら、何をしますか?」 という本の紹介に出てきた言葉、本を開く前にしみじみと考えてしまいました。 地球が滅亡すると分かったら、私ならどんな行動に出るんだろう? 世を儚んで..
Weblog: まったり読書日記
Tracked: 2006-04-12 13:56

● 終末のフール 伊坂幸太郎
Excerpt: 終末のフール伊坂 幸太郎 集英社 2006-03by G-Tools , 2006/05/13 「じたばたして、足掻いて、もがいて。生き残るのってそういうのだよ、きっとさ」この本は大好..
Weblog: IN MY BOOK by ゆうき
Tracked: 2006-05-13 11:55

『終末のフール』(伊坂幸太郎)@命と向かい合う勇気とは
Excerpt: セミナー等でいつもお世話になっているYさん【→こちら】から「知り合いの息子さんが小説を書いているんだけど・・・伊坂幸太郎って、結構有名なんだけど知ってる?」というのが読ん
Weblog: 今日、僕が学んだこと。〜一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ〜
Tracked: 2006-05-15 01:13

終末のフール 伊坂幸太郎
Excerpt: 終末のフール オススメ! 8年後、地球に小惑星が衝突し、世界が滅びるという報道が全世界に流れた。 報道されてからの5年間、世界は荒れた。 どこもかしこも渋滞し、絶え間なく殺人事件がおき、働くも..
Weblog: 苗坊の読書日記
Tracked: 2006-05-28 14:59

終末のフール 伊坂幸太郎
Excerpt: 終末のフール ■やぎっちょコメント いや〜。すがすがしいお話でした!! 小惑星が地球にぶつかるまで3年。仙台郊外の各家庭を舞台に8つの短編から成っています。 伊坂さんお得意の、ストーリーの登場..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2006-06-29 18:27

伊坂幸太郎【終末のフール】
Excerpt: 「8年後、地球に小惑星が衝突する」というSF的な設定が私は怖くてダメで、世間の皆さんが「【終末のフール】、そんなに怖くないよ。すごく良いよ」と言っているにも関わらず、ずっと避けて通ってきた。 が..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-10-30 15:35

週末のフール<伊坂幸太郎>−(本:2009年)−
Excerpt: 終末のフール (集英社文庫)クチコミを見る 出版社: 集英社 (2009/6/26) ISBN-10: 4087464431 評価:90点 大阪に向かう新幹線の中で読もうと、東京駅..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2009-08-31 01:45