2006年03月12日

『テーブルの上のファーブル』 クラフト・エヴィング商會

テーブルの上のファーブル テーブルの上のファーブル

私のテーブルの上には、宇宙が乗っている。
そんな風に考えれる柔軟な考えができるからこその本だと思う。
雑誌のようで、絵本のようで雑誌でも絵本でもない。
クラフト・エヴィング商会のつくるあたらしい本のスタイル。

amazonレビューより

すべては机上の空論から始まる。
そこには、宇宙が乗っかっていて、あらゆることが空想される。
フィクションにして、フィクションにあらず。
いや、フィクションなんだけどそんな気にさせるのが
クラフト・エヴィング商會のなせる技。
じっくりと、丁寧、真心を込めて。
だけど、インスタントコーヒー、ハンバーガーという
手軽なものをフューチャーする。
やはり、彼らの頭には宇宙が住んでいる。
わけがわからない。でも、どこかおかしくて、不思議で、心温まる。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14662232

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。