2010年02月25日

「少年メリケンサック」

少年メリケンサック スタンダード・エディション[DVD]

本だけは、読んだもの全てブログに載せようとしてるけど、
映画は最近見たものでも載せてないことが多くなってしまう。
でも、なぜか今回は載せてみたい気分に。

それは、この映画がすごい面白かったからだっ!
というわけでは失礼ながらないのだけど、
ただキレイにまとめられたような良い映画じゃなくて、
無茶苦茶で、わからないことばかりで、意味不明だけど、
インパクトがある映画だった。
そう思うのは僕が、たぶんパンクとかロックとか好きな人だからだと思う。
そして、この映画は一見すごい大衆向けで、
内容もコメディありのシリアスありのエンターテイメントだけど、
パンクがロックが好きな人と、多くのバンドに捧げられたかのような
映画でもあるから。

この映画を見る数時間前に、以前も見たけれど
「アイデン&ティティ」という映画を見た。
映画の作り方は違うけど、この少年メリケンサックも
音楽とバンドというものをすごいリスペクトしている。
逆にふざけてるんじゃないかと思うかもしれないけれど、
ロックは真面目にふざけるものだと思う。
僕の主観だけど。じゃなければ、みんないかれてる。
中には本当にいかれてる方もいらっしゃるだろうけど。
劇中で、パンクとは何かを数人にインタビューするシーンがあった。
それはみんなそれぞれ違う考えを持っている。
そんなように、これはあくまで僕の主観。

アイデン&ティティはあくまで一貫とした物語だった。
少年メリケンサックも、落ちぶれた中年パンクロッカーの再起
という点では一貫してたけど、色んな要素がありすぎて
正直よくわからなかった。要素の半分はコメディーでもあるし。

ぐちゃぐちゃしてたけど、目を見張るものもいっぱいだった。
主演の宮崎あおいの演技はすごい魅力的で、
こういうのも出来るんだと驚き、演技が上手いってわかる。
佐藤浩市もさすがで安心して見られます。
少年メリケンサックというバンドの前身がアイドルだとか、
それってパンクとハードロックの違いがあるけど、
レイジー・ラウドネスじゃんとか。
それと、銀杏BOYSの峯田さんが出ていた。

とまあ、個人的に興味がある部分は一杯。
でも、重要なのはパンクバンドの映画っていうこと。
つまり演奏のシーン。
でも、僕もパンクはよくわからない。
ピストルズ・クラッシュ・ラモーンズ、リバティーンズ。
明らかにパンクだ!というものはこれらくらいしか聞いてない。
よくパンクで重要なのは初期衝動と聞くが、
これらのバンドから、それはよく伝わる。
でも、少年メリケンサックは中年バンド。
初期衝動のかけらも感じられられないし、演奏も下手くそ。

じゃあ、年よりはパンクができないのか。
一生パンクは貫けないのか。
この辺りも実はテーマの一つだと思う。
そして僕が感じたのは、出来る出来ないじゃなくて、
やるのかやらないのか。
やりたいのかどうか。ということを問いかけてるんじゃないのかなと思った。

関連作品リンク
「アイデン&ティティ」


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142047332

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。