2006年03月01日

『海辺のカフカ』 村上春樹

海辺のカフカ (上) 海辺のカフカ (下) 海辺のカフカ (上)(下)

15歳の少年は、そこから逃れるために冒険に出た。
あるいは、何かをなし得るために。

一人の老人も冒険に出る。
失ってしまった何かを、自分の半身を、自らの影を求めて。

この本が出た頃、僕は16歳だった。
その頃村上春樹などまったく興味がなかった。
そしてこの本を読んだ今、僕は20歳になった。
僕は15歳の頃、タフな人間などではなかったし、
特別変化したとも思わない。

15歳の頃の転機といえば、故郷の町や、仲の良い友人達から離れ
隣町の高校に進学したということくらいだ。
でも、それは環境の変化で、人間としての変化としては、
どちらかといえば、20歳になって少し変わってきたと思う。
転換の年は、15歳の次に20歳くらいがしっくりくる気がする。

そういえば、この本と似た話で同作者の
世界の終わりとハードボイルドワンダーランドがある。
その本が出た年は、僕が生まれた年だった。
変化といえば、最近フランツ・カフカの変身を読んだばかりだった。
こう、考えるとそこに何か意味があるんじゃないかと思うが、
実際、そんなことはない。
同年代の人ならば、大体がそんなものかもしれない。
でも、色んなことが繋がって、その関連に意味があるかもしれない。
必然性ではない、単なる偶然だけど、関係性が持たれる可能性はある。
そしてそこから、何かしらの意味が生まれるかもしれない。

どうやら文章が破綻してきてしまったみたい。
ホントに書きたいことは、他のことでいっぱいあったんだけど
何故かこんな文章になってしまった。
世界はメタファーだ、カフカ君。

でもね、僕にとっても君にとっても、
この図書館だけはなんのメタファーでもない。
この図書館はどこまでいっても―――この図書館だ。
僕と君とのあいだで、それだけははっきりしておきたい。

僕にとって、この本がメタファーではなく
『海辺のカフカ』以外の何でもないものであったら、
それは幸せなことかもしれない。
別に15歳の象徴でなくても、図書館のことでも、変身のことでもなく
『海辺のカフカ』としてだけあれば、それでいい。
僕の物語に拳銃が出てきたからといって、
それは発射されなくは、ならないことなんてまったくない。
そこにあるだけでいい。なにか関係があるかもしれないくらいでいい。
この本も、そんな曖昧模糊で不思議なくらいでいい。
そんな気がしている。
絵を眺めるんだ、風の音を聞くんだ。
海を見るといい、空を見上げるといい、自分をみつめるといい。
海辺のカフカを思うといい。
僕には、それができる。
posted by kakasi at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(2) | 読書 作家別 「ま行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

前世の因縁―たとえささいな事でも、世の中には全くの偶然というものはない 〜 村上春樹「海辺のカフカ」
Excerpt: こんばんは。 曇り空の火曜日です。 今日は本について。 『 海辺のカフカ 』 村上 春樹 ( 単行本 ‘02年 (株)新潮社 ) 15歳になった誕生日に、少年 田村カフカは、家出のために長距離バスに..
Weblog: ** Paradise Garage **
Tracked: 2006-03-02 00:24

新潮文庫 【海辺のカフカ】 村上春樹
Excerpt: 村上春樹の長編小説を読んだのは、 【世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド】 以来かもしれません。(エッセイはときどき読んでいましたが) もう10年以上前の話..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-04-21 16:08

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。