2010年01月09日

『宵山万華鏡』森見登美彦 

宵山万華鏡 宵山万華鏡


非常に不思議な物語集。
色々な謎が解けたような解けないような不思議で面白い話だった。
京都の祇園祭を様々な視点で描く万華鏡を覗くような話。
馬鹿馬鹿しさと恐ろしさと面白さが混じり合う怪奇譚で、
森見さんの今までの作品をぶち込んで、かき混ぜたような作品だった。

お祭りの醍醐味のきらびやかさと、
一歩道を外した場面で見られるおどろおどしさ。
2つが上手く混じり合っていて、祭りの表裏を表しているかのよう。
まさにお祭り騒ぎな物語から、
摩訶不思議な現象がおこる恐ろしい物語まで6つの物語をつなぐ
宵山の祇園祭は、本当に各物語、各登場人物ごとに顔が変わっていく。
それは、本当に万華鏡のようなもので、楽しみ方は多種多様。
この本の中での各物語ごとのリンクする部分や、
森見さんの過去作品とのリンクする部分もあり、
そういうところも楽しめるのが、またうれしい。


posted by kakasi at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 「森見登美彦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

宵山万華鏡 森見登美彦
Excerpt: 祇園祭宵山の京都。 熱気あふれる祭りの夜には、現実と妖しの世界が入り乱れ、 気をつけないと「大切な人」を失ってしまう―。 幼い姉妹、...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2010-07-23 17:44

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。