2009年10月23日

「フィッシュストーリー」

フィッシュストーリー [DVD]フィッシュストーリー

フィッシュストーリーってこんな良い話だったかなと、見終えて思った。
小説版と比べると、展開が大がかりで劇的で、ベタにはなっているけど、
そこがとても素晴らしく思える。
なぜなら、正義の味方の話でもあるから。
それにしても、森山未來は良い役者さんだな〜

フィッシュストーリーはホラ話という意味を持っている。
まさに、この映画もホラ話のように
上手くいきすぎるほどに、色々なことが、
「逆鱗」というパンクバンドの曲「フィッシュストーリー」で繋がっている。
だけど、劇中でも言っていたけど、
そういうことだって良いんじゃないかと思う。
風が吹けば桶屋がもうかるってか。
案外こういう話もあるかも。

この映画を見る前の懸念材料だった歌の部分は、
斉藤和義がプロデュースということで、
何とかマシなものにはなるだろうと思っていたくらいだったけど、
これが、なかなかに良かった。
ピストルズ、リバティーンズみたいな、
上手くはないけど、立ち向かうっていう姿勢が、
いや、戦うっていってもいいかもしれない。

最後のフィッシュストーリーの曲に載せた、
ダイジェスト版が、バラバラな時間で展開された物語が、
繋がっていると、はっきり気づかせてくれる。
ちゃんと、届いている。
バンド逆鱗のボーカルは報われている。
本人が気づかなくたって、届いている。
音楽は素晴らしいものだ、そして映画も素晴らしいものだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130959993

この記事へのトラックバック