2009年06月26日

『空へ向かう花』 小路幸也

空へ向かう花 空へ向かう花

子供という存在は、大人が守らないといけない。
それは間違いなんかじゃない。
だけど、その守るべき子供に大人が守られている。
勇気づけられているってことがある。
なんだかわからないけど、子供にはそんな力がある。

この物語に出てくる主な登場人物である2人の男女の子供。
元気いっぱいなというタイプでなく、
心に傷をおっていて健気さを覚えてしまう2人。
この子供を見ていると、なぜ大人は守ってあげないのかと思う。
だけど、守ってあげないとと思っても、
どうすればいいのかわからないことだってある。
上手くいかないことだってあるんだ。
どうしようもないことだってあるんだって。

それでもなんとかして守ってやろうと心に決めて、
必死にやってやれば子供にだって伝わる。
物語であるなら読者にだって伝わる。
2人の子供を守るために出てくる2人の大人の優しさ、力強さは、
幼いころ僕を守ってくれていたであろう色んな人を思い出させる。
物語に出てくる、この二人の子供をどうにかして
幸せにさせなくてはと動く2人の大人の存在には救いを感じた。

現在はっきり言うと、自分のことだけでいっぱいいっぱいで
他人の世話なんて大層なことなんて僕には過ぎたことなんだけど、
それでも守ってやらなきゃって。
子供は弱い存在からだとか、
可愛いとか純粋とか、その姿や仕草から思うのもそうなんだけど。
子供独有のキラキラした目で見つめられると、どうしても。
その目が薄暗くどんよりしているならなおのこと。

子供の頃の気持ちを思い出すのと同時に、
大人となった今を強く感じさせた一冊だった。
posted by kakasi at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 「小路幸也」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122242540

この記事へのトラックバック