2006年01月10日

『白夜行』 東野圭吾

白夜行 白夜行


これほどの長編を、主人公の心理描写なしでやってのけて、かつ、
それが、おもしろいときた。
白夜を歩む二人の、孤高さを引き出している気がする。
いつまでも太陽の当たらない道を歩む二人。
だけど、いつまでも交差しない道を歩む二人。
それなのに、常に一緒。
なんとも矛盾しているようだけど、
心理描写がないと、これも合っている気がしてくる。
ただ、お互いが、お互いの太陽として、
まったく交わらない道を照らし続けたと。

解説で、馳星周さんが、ノワール、ノワールと言っていたけど、
主役二人の内面を一切書かない手法を、褒めていたことが、印象に残った。
このスタイルで、この視点で書き続けたことが、すごいし、おもしろい。

この手法のおかげで、読み終えての後味も、
なんとも言えない。いぶかしい。
なんなのだろう、この読了感は。

ドラマのフレーズの
愛することが、罪だった。会えないことが、罰だった。

読み終えると、よくわかる。
ドラマは、ラストシーンから始まるようで、
2人が実際あっているシーンも出るよう。
それに二人の内面も描かれるだろう。
小説で、内面まで書いたら、膨大なページ数になるだろうし
本のイメージもずいぶん変わると思う。
でも、ドラマなら、それもありかと思ってしまう。
前回ドラマは、最初から最後まで見たドラマないし、
まあ、見たというのが「ブラザービート」くらいなので、ドラマも楽しみ。

それと、今続編の『幻夜』読んでます。
テスト勉強やらなきゃ、やばいのに、テスト期間に読んでしまいそう。
それくらい引き込まれている。
posted by kakasi at 22:08 | Comment(2) | TrackBack(3) | 読書 作家別 「は行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 今日からドラマ白夜行スタートですね。
 私もすごく楽しみにしてます。
 白夜行を読んだのは、かなり前なので、ついていけるかな・・心配です。
 幻夜は、白夜行の続きと目されてるけど、それを理解するとより一層、女が怖いです。
 幻夜の方が、女のやってることが伝わりやすいので。
 ともあれ、白夜行楽しみです。
Posted by なつ at 2006年01月12日 11:00
なつさん、こんにちは〜
ドラマの時間ギリギリに帰って来れたので、ゆっくり堪能します。
試験勉強しながら…学生なので。
ともかく、初回2時間ってかなりの力の入れ方ですね。
Posted by kakasi at 2006年01月12日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

お正月が終わった・・・。
Excerpt: こういう仕事していると、出会い多いでしょとか言われるけど・・・まったく無いんです(´Д⊂ヽなんかお水やってるってだけで向こうが引いちゃう、みたいな(涙)はぁ・・・かにゃしいにゃもう2006年だって言う..
Weblog: ニャンの2006日記
Tracked: 2006-01-10 22:36

2006年OTZ。
Excerpt: 昨日、エリリンは久しぶりに出かけました。男の子と会うために、1時間もかけて電車を乗り継ぎ、やっと到着した時にはあたりは暗くなっていた。バッチリ決めた、エリリンは物好きなナンパをかいくぐり、待ち合わせの..
Weblog: 捨てられたおんにゃのこ・・・
Tracked: 2006-01-10 22:41

東野圭吾【白夜行】
Excerpt: 「これはもう腰をすえてゆっくり読む覚悟」と思っていた800ページ以上の厚い本ですが、腰をすえて読み出したら あっという間にエンディングでした。 文章がさらっとしていて、著者の過..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-04-21 15:57