2005年12月31日

私的映画ランキング2005

DVDは、除いて映画館で観たものでのランキングです。
DVD入れたら、けっこう変わるし、
映画館で観るとやっぱり、違いますからね。映画って。
昨年ゴッドファーザーを映画館で観たときの興奮ってきたら……
ランキングといっても30〜40くらいしか観てないので。
けっこう微妙です。

では、独断と偏見のベスト5!!!

5位  シン・シティ

ほぼ漫画なんですが、かっこいい!男臭い!
女性には、きつそうですが好きな映画。
ハードボイルド的です。

実は、5位が一番悩んだんですよね。
サマータイムマシン・ブルースエターナル・サンシャイン炎のメモリアルあたりと。
キャストも豪華で、色々な話を楽しめたし。
3つのストリーだけど、一応リンクもしてますしね。
群像劇が好きなんですよ。
そういう意味では。「有頂天ホテル」が楽しみ。
なんか、他の映画の宣伝みたいになっちゃたな。


4位  ミリオンダラー・ベイビー

モ・クシュラですね。モ・クシュラ
いい意味で裏切られた作品。
イーストウッドとモーガン・フリーマンだけでもお腹一杯なのに
ヒラリー・スワンクという上玉まで入ってきて、満足感一杯です。

ボクシングシーンの爽快感と、その後の重たい感じと。
序盤から中盤のシーンが無ければ、ひたすら重たい映画。
後半だけだったら、たぶん好きになれなかった。
イーストウッドとしては、
たぶん後半のテーマを掲げたかったんだろうけど。
やっぱりどんな話も、幸せな部分がなければ、
重たいテーマは、扱いづらいかな。


3位  スターウォーズエピソードV/シスの復讐

なんだかんだ、おもしろいですよ。
最初から最後まで見せ場の連続。
スターウォーズサーガの締めくくりに相応しい。
アナキンとオビワンの対決は、興奮しっぱなしだった。
これがダースベイダーに、ルークに続くと思うとね……

ダースベイダーの誕生は、感慨深かった。
長く続いているからこその。

わかっているとはいえ、あんまりにもみんながバタバタ死んでいくには
少しどうかと思うけど。戦争ってこういうものなんだよな〜


2位  蝉しぐれ

むくわれないものって絶対ある。
それでも、気高く生き続ける姿って……

それにしても、ふかわりょうが、あんなに良いとは思わなかったな〜
キャスト見て、これだけで観るのやめようと思ってたのに。
映像も日本的で綺麗。
SAYURIのような日本背景とは違うんだよな。
上手言えないけど、静けさとか、「さらさら」とか「ひらひら」とか
日本語でしかないような感じ。わび、さびと言うべきか。

20年も思い続けるって無理、無理とか思っちゃうけど、
これだけ思い続ける強さが欲しいな〜
でも、無理だとわかったら、たぶん自分は、あきらめそう。

一青窈のかざぐるまがエンディングで流れたら
たぶん一位にしてました。

ただ遠くはなれても 君が笑うため どこ吹いた風だった文四郎の
誇るべき人生でした。


1位  ALWAYS 三丁目の夕日

いつになっても夕日は綺麗なんだ!!
変わらないものは、あるんだよって言ってくれているような気がした。
どんなものだって、年月が経てば変わるのが当たり前。
この昭和の町並みだって、もうほとんど残ってない。
それでも、まだこの時代生まれていていない僕の中に
この町並みが刷り込まれて、変わらずにある。
なんで、懐かしいと感じるんだろう。

ともあれ、これが今年のベスト1です。
ベッタベタだけど、泣けるんです。
懐かしいんです。
優しくなれる気がするんです。
賞も、総なめするのもわかる気がする。
今年は邦画を本当によく見たし、邦画の年だなってこの一本を観て
改めて思いました。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。