2008年12月27日

『輪違屋糸里 上・下』 浅田次郎

輪違屋糸里 上 輪違屋糸里 下

浅田次郎で新撰組といえば、『壬生義士伝』が思い浮かぶ。
その作品では、これでもかという泣きの浅田を思い知らされた。
今回も新撰組が出てくるが、新撰組の周囲にいた女性の視点から描かれた、
男女の悲哀であり、時代の流れであり、生きるということの話。

様々な視点から描かれたこの物語は、感慨深い、
女性と男性との人生感のすれ違いや、
芸妓、商人、武士、百姓とそれぞれの立場からの
生きていくことへの一分みたいなものを感じられた。

三谷幸喜の新撰組大河ドラマでのセリフで印象深い、
誰よりも武士らしくありたいと願った、
武士よりも武士らしくといった言葉が脳裏に浮かぶ。
芸妓には、全てを捨てて芸のために生きるということを感じる。
商人には、店を守りぬくということを。
とにかく色々な立場があり、こうありたいと思う願いがあり、
それぞれの葛藤やしがらみがある。
そういうものを交えながら、男と女の関係が様々に語られている。

これは、僕が男だからだと思うけど、
どうしても男の気持ちの方へとばかり感情移入してしまう。
それぞれの人物が違った方向へと思いを馳せているが、
どれも強く分かる気がする。
恋慕おおいに結構だが、やはり男の生き様が目を見張る。
特に芹沢鴨への多くの視点から語れるその人間性は、
どれもこれもが違っているだけに、複雑でいて
本当の姿がどうだったのか気になるばかりだった。
だけど、単なる悪人だったと思えないと作者は語りたかったのだと思う。
ある者は、悪人だと語るが、ある者は真の武士だと語る。
歴史の闇はやはり深い。

posted by kakasi at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 作家別 「あ行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。