2008年11月30日

『坂口安吾 [ちくま日本文学009] (ちくま日本文学』 坂口安吾

坂口安吾 [ちくま日本文学009] (ちくま日本文学)坂口安吾 [ちくま日本文学009] (ちくま日本文学

最近のヘヴィロテがベルセバから、ニューオーダーに変わった。
へこんでた時は、ブルー・マンデーばかりリピートしていたが、
もう大丈夫。60マイルズ・アン・アワーでご機嫌。
僕は、イアン・カーティスのように23歳で人生を決めるつもりはない。
と思えば、クリスタルの和訳を見て、また沈んでしまう。
僕らはクリスタルのようなもの 簡単に砕けてしまう。

と、前置きに洋楽の話から、坂口安吾へと。
この本は、ゆっくり少しずつ読んでいたことと、
読み終えた後、人生最大級の不幸の津波が襲ってきたので、
あまり感想というものが、なかなか浮かんでこない。
ただ、暗かった、暗かったがエネルギーもあった。
このろくでもない世の中を生きてやるという気質を感じたのは、
この本に収録されている話が、エッセイのようなものが多かったからかもしれない。
詳しいことは、本当に覚えてない。
本も実家に持って帰ってしまったので、手元にない。

収録されているものは、ネットで調べられた。
まったく良い時代だ。

風博士/村のひと騒ぎ/FARCEに就て/石の思い/風と光と二十の私と
勉強記/日本文化私観/堕落論/続堕落論/白痴/金銭無情
湯の町エレジー/高千穂に冬雨ふれり/桜の森の満開の下

というラインナップ。

中でもインパクトに残るのは、風博士、白痴、湯の町エレジー、
そして桜の森の満開の下。

だけど、今になって心に残っているのは、
たぶん、日本文化私観だと記憶しているけど、
日本のモノであったり文化が無くなっても、かまわない。
真に必要なら日本の伝統的な建築物なども壊して、
駐車場などに変えてしまえばいいなどというものだった。
僕らの生活が、日本人の生活が健康ならそれで良いというもの。

形あるものは、必ず崩れる。伝統は風化していく。
そこに永遠なんてものなどありはしない。
なんともありふれたことだけど、気分が落ちていくとそこに到達する。
だから、自分の生活に真に必要なら、既存のものを破壊して、
新たに創造したものからでも美が生まれる。
美しく飾り作られたものからでなく、実質としてのものから美が生まれるという。

なるほど、一理あるが、納得しきれないものとこもある。
だって、僕は古い伝統美も好きだから。
それに安吾の言い方だと、機能美という話に当たると思うから。
僕は、空虚でもそれ以外の美を信じたい。
入らないものからも生まれるものもあると思う。
普段必要なくても、ふと見つめてみると美しいものもある。
無駄なものこそが美しくもあることもある。
結局は、美しいと感じ取れるかの心の問題だと思う。

posted by kakasi at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 作家別 「さ行」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110422512

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。