2005年12月19日

『流星ワゴン』重松清

流星ワゴン  流星ワゴン


同作者の『疾走』を買ったので、『流星ワゴン』を載せることに。
作中に出てくるオデッセイは、いい車です。
実家の車が、オデッセイなのでね。

この物語は父と子の話。家族のお話。
「たいせつな場所」に連れて行く流星ワゴンに乗り、
自分の人生と実の父を思い起こす、主人公。
こういう、ちょっとありえない系の話が好きなんですよ。

救いがるようで、無いような。
その辺は、それぞれが、読んでこの話が
ハッピーエンドかどうか考えて欲しいなぁと。
結局、みんな純粋で優しい人たちだから……

流星のように人生を駆け抜けるワゴン。
その案内人にも、ある秘密が。
こちらにも別の形で、親子の話が。
過去と未来の間に現在があり、
それを繋げるために、今のために過去へ走るオデッセイ。
その輝きを見てみたい。

posted by kakasi at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 以前読んだおすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。