2008年09月13日

「デトロイト・メタル・シティ」

GO TO DMC! GO TO DMC!!

アナタもクラウザーさんの信者になりませんか?
と、とにかくクラウザーさん至上主義の、
ナイスな突き抜けた映画だった。
デスメタルバンド、デトロイト・メタル・シティ(DMC)
主役はそのギター/ボーカルの地獄の帝王、ヨハネ・クラウザーU世。

漫画が原作で、そちらも出たばかりでもうカルト的人気だった。
映画でも、クラウザーさんはクラウザーさんで、
松山ケンイチは、根岸とクラウザーさんと両方を、
なにかが憑依しているかのように演じていた。
あと、松雪さん、そこまでしていいんですか?こちらは、かまいませんが。
コメディだけど、青春要素もあります。

映画は、日々の鬱憤を吹き飛ばすような、破壊力だった。
間違いなく、僕は疲れてます。
もう、どうにもならないですよな毎日ですが、
こういうヒーローがいると良いなと思う。
だからか、クラウザーさん目線で映画を最初は見ていたが、
いつのまにかDMCの信者(ファン)目線だった。
楽曲も以外とポップで親しみやすかったし。
デスメタルは、あんまり聞かないので。
映画はすごいマニアックに出来ていながら、色んなとこが、大衆向き。
個人的には、サリー♪の部分がお気にです。
posted by kakasi at 19:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然で申しわけありません。現在2008年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/15(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
Posted by 日本インターネット映画大賞 at 2008年12月23日 14:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。